LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

マイクロスカジットにおけるスイング論

スカジットキャストの発信元のOPSTの仲野靖さんに話を聞くと勘所がいくつか見えてきた

編集部=文と写真
Profile

仲野靖さん

OPST R&Dスタッフ。強いアタリにこだわるスイングの釣り、いわゆるスカジットスタイルに精通し、同社のさまざまなタックルやツールの開発に携わる。北米のメソッドを日本でアジャストするべくフィールドへ通っている。

 

 

この釣りは魚がたくさんいないと成立しない

flyfisher photo

 

改めてお聞きしますが、仲野さんがやられている釣りはスイングの釣りですよね

仲野 はい、スイングです

 

日本ではもともとウエットフライでスイングさせるという釣りはもちろん人気がありますがそれとは別の文脈な気がします。

仲野 そうかもしれません。僕たちがやっているのは北米のスティールヘッディングがルーツといえると思います。実は、僕のスイングの釣りの原点はノルウェーのアトランティックサーモンなんでフローティングラインでブーンとスイングさせるという釣りで。ダブルテーパーのフローティングのみ。スコットランドの釣りがどういうものか経験はないのですが、ノルウェーでやっていたときは本当にテーパードリーダーなんかも使わないし、いわゆるテグス付けて。フライもチューブにチョロッと毛がついているようなやつで、正直カルチャーショックでした。それでも1回の釣り、ひとつのビートです。最長で1ヵ月ずっと釣りしていたこともありました。その頃は10尾とか20尾とか釣れたんです。こんなフライでこんなに釣れちゃうの?みたいな(笑)。そのころは遡上量が半端なかったですから。フローティングラインでドーンと投げて、サーモンが遡上しているタイミングだったらめちゃくちゃ釣れますが、いなければまったく釣れない、そんなでした。

 

今、仲野さんがやられているのは……。

仲野 北米で進化したスタイルです。スカジットヘッドとシンクティップを使います。スティールヘッディングから始まっていて、それがトラウト用にダウンサイズしてきています。

 

北米でもそうなんですね

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとAmazonへジャンプします。

Fly Fisher 2021年12月号

【特集1】水中を釣る、15の視点

【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています


2023/7/20

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING