LOGIN
海人スタイル奄美

丸山拓馬さんの雷魚・鯰・鯉のシステム

名手は何を気にしてどのようにラインを組んでいるのだろうか。ここでは丸山拓馬さんの雷魚・鯰・鯉のラインシステムをご紹介します

写真と文=丸山拓馬
Profile 丸山拓馬さん

近所の水路から南米アマゾン川まで、温水と海水のフライフィッシングに夢中になり続けている。自身の釣行を綴ったブログ「カピバラFF釣行記」は、同ジャンルの愛好家たちに人気。6月末には神奈川県芦ノ湖でシンキングラインを用いて61cmのラージマウスバスをC&Rした。栃木県在住。https://kapibaraff.blog.fc2.com

 

 

高気温、障害物、強い魚と渡り合うために

flyfisher photo

私の温水フライフィッシング3大ターゲットといえば、ライギョ、ナマズ、コイの3種。これらは比較的身近に生息していながら、国内淡水魚の中でもかなりのパワーを有する。それでいて時に気難しい側面もある。だからこそラインシステムも気を抜かずに組みたいところだ。ライギョ、ナマズに関しては、5~10月ごろにバスバグを使った釣りで、両魚種ともサイトフィッシングがメインとなる。フックサイズ#1~3/0の空気抵抗が大きいバスバグをキャストするために8~10番のフライラインが必要になるが、飛距離よりも精度を重視してWFを使用している。

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/7/4

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING