LOGIN
GOOSE FACTOR

黒石真宏さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違い、おのずとラインシステムも変わる。ここでは黒石真宏さんの渓流(ドライ/ニンフ)のシステムを紹介する

黒石真宏=写真と文
Profile 黒石真宏

古くから雑誌などに寄稿し、鋭い観察眼と情熱により生み出されたメソッドだけでなく、エッセイなども発表し続けている。今回は忍野のシステムだが、最近で中禅寺湖に通っている。最新エッセイ集は『鱒旅』。黒石商店より発売中

 

 

魚の位置が確認できる忍野では、コントロール優先のテーパーデザインを選ぶ

flyfisher photo

 忍野のスレた魚は、水面でも水中でもティペットをよく見ている。ティペットが見にくい「フライ先行」を実現させるためには、ティペットの向きやラインの形を整える必要がある。近くであればプレゼンテーション時の形を整えるだけでいけることもあるが、障害物や風など制約があるので、一度水面にラインを置いた後にメンディングで形をととのえる必要があることも多い。

水面、あるいは水面直下の釣りには正確さが必要なので直進性の優れたノッテッドリーダーが適しているが、ニンフの釣りにはむしろ市販されているテーパーリーダーのほうが向いている。特に深いところをる場合に、硬いリーダーが邪魔になることがある。そんなときには思い切ってティペットを長くするとよい。

 

 

ドライフライのラインシステム

flyfisher photo ロッド

8~9ft #4のグラファイト、グラス、バンブーのロッドをその時の気分で使う

 

バッキングライン

20lbの市販のブレイデッドライン。特にこだわりなし

 

フライライン

通常はDT4F。ブランド、モデルにこだわりなし

 

リーダー

F:マキシマ0.37 15cm

E:マキシマ0.37 120cm

D:マキシマ0.30 60cm

C:マキシマ0.22 30cm

B:マキシマ0.17 30cm

A:フロロ 5x 60cm

 

ティペット

フロロ 6x 90cm

 

ノット

・フライラインとリーダー

外掛け結び(セメダイン・スーパーXでコーティング)

・リーダーA⇔B

ループ・トゥ・ループ

・リーダーB~D

ブラッドノット

 

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/4/11

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING