LOGIN
Little Bell

喜多賢治さんのクロダイ用ラインシステム

名手は何を気にしてどのようにラインを組んでいるのだろうか。ここでは喜多賢治さんのクロダイ用ラインシステムをご紹介します

写真と文=喜多賢治
Profile 喜多賢治さん

和歌山県出身。渓流からソルトまでフライ歴は30年を超え、なかでも浜名湖のクロダイに夢中になって通い詰め、それが高じて2020年からワタツミ・ガイドサービスをスタート。浜名湖のフィッシングガイドとフライ販売などを行なっている。静岡県在住。https://www.watatsumi-k.com

 

 

ストレスを生じさせないラインシステム

flyfisher photo

気まぐれで、わがまま。そんな印象がぴったりのクロダイ。ご機嫌がよい時は大してフライを選ぶこともなく、少々ラフなプレゼンテーションでもスプークせず素直に反応してくれる。しかし、少しでも虫の居所が悪いと、フライを無視もしくはスプークしまくる嫌な魚。と、まったく異なる二面性を持ち合わせた好敵手。おかげで今までにフライラインはもちろん、リーダー、ティペット、そしてフライまで、さまざまな試行錯誤を繰り返してきた。

浜名湖というフィールドの特性上、午後にはたいてい南寄りの風が吹く。また、横風を受けながらのキャストはもちろん、時には向かい風のキャストとなることもしばしば。そのうえ、移動しながらテイリングするもの、足早にクルージングするものなどにも対応する必要がある。

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/6/12

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING