LOGIN
アカサカ釣具

遠藤岳雄さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。おのずとラインシステムも変わります。ここでは遠藤岳雄さんの渓流(ドライフライ)のシステムをご紹介します

遠藤岳雄=写真と文
Profile 遠藤岳雄(えんどう・たかお)

静岡県在住。以前連載していた「尺まで届け!」でそのテクニックの高さは明ずみ。独特、かつ鋭い観察眼でなるほど……、と思わせられるフライを巻く名手。

 

 

本流のライズの釣りから渓流の釣り上がりまでをカバー。

flyfisher photo

私の場合、リーダーからティペットまで全長18フィートが基本。使用するフライのサイズは主に#12~18で、フライはマッチング・ザ・ハッチ用のCDCを使ったパターンから、釣り上がり用のパラシュートやエルクヘア・カディスなどを多用している。

ただし、特に#12以上のフライを結ぶ場合、分厚くハックリングしたフライや、フックサイズ以上にシルエットを大きく巻いたフライでは、キャスト時に回転しティペットがヨレヨレになってしまうケースがあるので、フライを巻く際には工夫が必要。

まだフライフィッシングを始めたばかりの頃、何かの本で読んだのか? あるいは誰かに聞いたのか? ティペットは1ヵ所結ぶより2ヵ所結んだほうが強度が出る……、というのがいつしか自分の中での定説になっており、未だにこのシステムで釣りをし続けている。

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/3/28

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING