LOGIN
海人スタイル奄美

【魂の100投】山梨県/佐々木岳大編

最悪の条件下、4尾ねらいます!

佐々木岳大=出演
※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
佐々木 岳大(ささき・たけひろ) 1974年生まれ。神奈川県南足柄市在住。ホームグラウンドは地元の丹沢など。C&Fデザイン社に勤務。マッチング・ザ・ハッチの釣りのほか、ドライフライ、ニンフを使った小渓流の釣りも得意としている。


魂の100投、略して「タマ100」。

今回挑戦するのは、佐々木岳大さんです。

「魂の100投」とは、1日にキャストできるのは100投限定、自分で設定した目標をめざすドキュメント企画です。

撮影は8月の山梨県桂川忍野地区。しかし、大雨、増水、ささ濁りと条件はほぼ最悪。

本来ならサイズ縛りなども設定したいところですが、状況が状況だけに目標は魚種、サイズ問わず4尾としました。

悪条件もこの「タマ100」の醍醐味。佐々木さんがどのように考え、行動するのか、ぜひご覧ください。

1分半のトレーラー映像(サスペンス映画風)も用意しました。



出演:佐々木岳大
収録時間:1時間16分08秒
(2022年9月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

今回はグーグルアースで佐々木さんの足取りも表現しています。

当然ながら魚を見つけてからアプローチする展開。水が多い状態だとヤマメが浮きます。

映像にはフライの位置が分かりやすいように印をつけました。ドラッグががかるようすも一目瞭然。

佐々木さんは忍野では6X以下のティペットは使用しないそうです。その理由は、走られてブッシュに巻かれるのを防ぐためですが……。

基本的にアップ&アクロスでのアプローチがほとんど。魚が人に慣れていると思われがちですが、魚にこちらの気配を悟られて釣るのとそうでないのとでは、結果が大きく違うそうです。





2022/9/7

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING