LOGIN
海人スタイル奄美

佐藤成史「岩魚曼荼羅」を語る

FlyFisher No.307の「岩魚曼荼羅」を執筆した佐藤成史さんに記事の補足や制作過程で生じた編集部の疑問に対してお話しいただだきした

FlyFisher編集部=写真と文
※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


Profile 佐藤 成史(さとう・せいじ)

1957年生まれ。群馬県内水面漁場管理委員。全国の渓流での取材、執筆、撮影、講演活動、スクールなどを精力的にこなす。フライフィッシングや渓流関連の著書は多数。群馬県前橋市在住。



FlyFisher MAGAZINE Early Summer 2023での特集記事「岩魚曼荼羅」を執筆した佐藤成史さんに、記事の補足や制作過程で生じた編集部の疑問に対してお話しいただだきます。

日本の地形が現在の形になるずっと前からイワナは生息してきました。気が遠くなるような時間の経過を経て、現在、私たちはイワナと接しています。

そんな悠久の自然を身近に感じられる存在としての魅力にも迫りたいと考えています!

ぜひご覧ください!


佐藤成史 「岩魚曼荼羅」を語る
日本の地形変化とイワナの移動経路を想像する

■開催日:2023年5月15日(月)
■時間:19時00分〜21時00分
※この動画は2023年5月15日(月曜)にライブ配信されたものです






2023/5/22

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING