湖のジグフック・ストリーマーを巻く

「BHポーラーキール」のタイイング

中峰健児=解説
芦ノ湖や中禅寺湖で使うフライを収納した中峰健児さんのボックス。すべてキールパターン

ジグフックを使った湖用ストリーマーのタイイングを解説。シャンクの曲がったフックへのビーズヘッドの固定方法や、キール姿勢を保つノットの方法を合わせて紹介。
この記事は2017年5月号に掲載されたものを再編集しています。

なかみね・けんじ
1968年生まれ。千葉県千葉市在住。主に湖のフライのフィッシングを得意としており、解禁から芦ノ湖や中禅寺湖などのフィールドに足を運ぶ。海外担当の営業職ながらスクール活動やフライラインなどの商品開発にも携わることも多い。

フックポイントを上に向ける利点

キールパ夕—ンはボトムの釣りやストラクチャ—が絡む場面において「なんとか根掛かりを減らしたい」という切実な思いから生まれたもの。

ひとつのフィールドに通い込んだフライフィッシャーであれば、湖底の形状やストラクチャ—の有無を知り尽くし、どのシンクレートのラインで、どの方向にキャストし、どの程度沈めれば根掛かりしないかを把握しているため、キ—ルパタ—ンを使う必要性は少ないかもしれない。

ところが初めてのフィ—ルドやポイントで釣りをする場合、そういったノウハウがなく、通常のパタ—ンでは根掛かりが多発して釣りにならない、という場面も少なくない。

かくいう私も初めて阿寒湖や中禅寺湖でシンキングラインのリトリ—ブの釣りをした時はあまりの根掛かりの多さに辟易したもの。ところがキ—ルパタ—ンを使うようになってからはその悩みは概ね解消。ティペットやフライを結び直している時間は減り、結果的に釣果も上向きになった。

さらにキ—ルフライのもうひとつの効果として、フッキング性能の向上も感じられた。魚がフライをくわえて反転していけば、どのパターンでもおおよそフライは口の蝶番に掛かるが、キ—ルでは魚が反転しない場合でも硬い上唇に掛かりやすく、結果的にバレる確率が下がると感じている。

そこで今回は、キールのためにデザインされたジグフック『TMC708』を使用したストリーマーのタイイングを紹介してみたい。

BHポーラーキール
●フック……TMC708 #8
●スレッド……ウルトラストロングスレッド(ベネッキ) 12/0
●ビーズ……TMCタングステンビーズプラス・ミラーS/ゴールド(PEラインで固定)
●テイル……ターキーマラブー・ブルーウイングオリーブ
●ボディー…… UVポーラーシェニール・オリーブブラウン(ミディアムとノーマルの2種類)
●ハックル……ヘンサドル・ジンジャーブラウン



キール姿勢を維持させるノット

フラットアイのジグフックを用いる場合、ノットを一工夫することで、さらにフッキング性能を向上させることができる。

アイの内側からティペットを通し、シャンクタイ(結び目をシャンクに作る)にすることで、キール姿勢を安定させられる効果があり、同時にフックの貫通力を高めることができる。

湖のストリーマーはもちろん、管理釣り場や川のニンフの釣りなどにもおすすめノットだ。
フックポイントを上に向かせるタールノット。結び目はアイの付け根のシャンクに作られる

2018/1/8

最新号 2018年3月号 Early Spring

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。外に出て本格的に魚と遊べるのは、もう少し先。というわけで今号では、暖かい室内で道具を愛でる特集を組みました。 表紙を飾るのは、100年以上も前に作られたフライリール。ほかにもバンブーロッドの名品、エーベル・リールの物語、筆者愛用の品々と、その背後に隠された物語などを紹介しています。 道具にこだわるのは、フライフィッシャーの楽しみのひとつ。うっかりハマると抜け出せない、玩物喪志の幸福を味わう一冊です。 また、今号では名手たちのフライボックスの一部を原寸大で掲載。春の解禁前、ご自身のボックスも、これらを真似て埋めてみてはいかがでしょうか。 ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポートや、刈田敏三さんが紹介する“ちょっとヘン”な水生昆虫の話など、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING