LOGIN

湖のジグフック・ストリーマーを巻く

「BHポーラーキール」のタイイング

中峰健児=解説
芦ノ湖や中禅寺湖で使うフライを収納した中峰健児さんのボックス。すべてキールパターン

ジグフックを使った湖用ストリーマーのタイイングを解説。シャンクの曲がったフックへのビーズヘッドの固定方法や、キール姿勢を保つノットの方法を合わせて紹介。
この記事は2017年5月号に掲載されたものを再編集しています。

なかみね・けんじ
1968年生まれ。千葉県千葉市在住。主に湖のフライのフィッシングを得意としており、解禁から芦ノ湖や中禅寺湖などのフィールドに足を運ぶ。海外担当の営業職ながらスクール活動やフライラインなどの商品開発にも携わることも多い。

フックポイントを上に向ける利点

キールパ夕—ンはボトムの釣りやストラクチャ—が絡む場面において「なんとか根掛かりを減らしたい」という切実な思いから生まれたもの。

ひとつのフィールドに通い込んだフライフィッシャーであれば、湖底の形状やストラクチャ—の有無を知り尽くし、どのシンクレートのラインで、どの方向にキャストし、どの程度沈めれば根掛かりしないかを把握しているため、キ—ルパタ—ンを使う必要性は少ないかもしれない。

ところが初めてのフィ—ルドやポイントで釣りをする場合、そういったノウハウがなく、通常のパタ—ンでは根掛かりが多発して釣りにならない、という場面も少なくない。

かくいう私も初めて阿寒湖や中禅寺湖でシンキングラインのリトリ—ブの釣りをした時はあまりの根掛かりの多さに辟易したもの。ところがキ—ルパタ—ンを使うようになってからはその悩みは概ね解消。ティペットやフライを結び直している時間は減り、結果的に釣果も上向きになった。

さらにキ—ルフライのもうひとつの効果として、フッキング性能の向上も感じられた。魚がフライをくわえて反転していけば、どのパターンでもおおよそフライは口の蝶番に掛かるが、キ—ルでは魚が反転しない場合でも硬い上唇に掛かりやすく、結果的にバレる確率が下がると感じている。

そこで今回は、キールのためにデザインされたジグフック『TMC708』を使用したストリーマーのタイイングを紹介してみたい。

BHポーラーキール
●フック……TMC708 #8
●スレッド……ウルトラストロングスレッド(ベネッキ) 12/0
●ビーズ……TMCタングステンビーズプラス・ミラーS/ゴールド(PEラインで固定)
●テイル……ターキーマラブー・ブルーウイングオリーブ
●ボディー…… UVポーラーシェニール・オリーブブラウン(ミディアムとノーマルの2種類)
●ハックル……ヘンサドル・ジンジャーブラウン



キール姿勢を維持させるノット

フラットアイのジグフックを用いる場合、ノットを一工夫することで、さらにフッキング性能を向上させることができる。

アイの内側からティペットを通し、シャンクタイ(結び目をシャンクに作る)にすることで、キール姿勢を安定させられる効果があり、同時にフックの貫通力を高めることができる。

湖のストリーマーはもちろん、管理釣り場や川のニンフの釣りなどにもおすすめノットだ。
フックポイントを上に向かせるタールノット。結び目はアイの付け根のシャンクに作られる

2018/1/8

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING