LOGIN

渡良瀬川で釣り教室開催!

マナーからキャスティング練習、実釣まで!

FlyFisher編集部=写真と文
渡良瀬川の相川橋上流にて。写真は第3回開催のようす

開催概要
●日時 2018年9月8日(土)
●時間 午前9時~午後4時30分(雨天決行・荒天濁水中止)
●開催場所 渡良瀬川C&Rエリア内 相川橋上流
●定員 事前申込 先着20名
●参加費 500円(保険料・教材含む)
●問い合わせ 両毛漁業協同組合 ☎0277-32-1459 www.ryomo-fishing.com/


2018年9月8日に群馬県桐生市の渡良瀬川で、釣り教室「第4回Let’s go fishing!」が開催されます。

イベント会場は、渡良瀬川相川橋付近のキャッチ&リリース区間。フライフィッシングを中心に、釣りのマナーやルール、イトやハリの結び方、キャスティング練習、魚のリリース方法などをレクチャー。もちろんC&Rでの実釣も楽しめます。

これから釣りを始めたい、フライフィッシングに挑戦してみたい方へおすすめのイベント。タックルなどの道具も用意してもらえるので、まったく初めての方でも安心です。

当日の詳細は、両毛漁協のホームページ、またはフェイスブックページに記載されています。以下の写真は2018年3月に開催された「第3回Let’s go fishing!」の模様です。(両毛漁協HPより)




2018/8/28

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING