LOGIN

第32回ハンドクラフト展

10月8日(金)、10月9日(土)開催

FlyFisher編集部=まとめ
※緊急事態宣言を受け、開催は2021年10月8日(金)、9日(土)に延期となりました。
詳細は決まりしだい随時更新していきます。



バンブーロッドやランディングネットの展示・出品からタイイングデモ、またフィッシングシーンを描いた絵画などフライフィッシングにまつわる様々なものを一挙に集めた、つるや釣具店主催の「第32回ハンドクラフト展」が開催されます!

日程:2021年2月19日(金)~2月21日(日)
→2021年10月8日(金)、9日(土)に延期
※詳細は決まりしだい更新いたします。

問合先:つるや釣具店
TEL:03-3842-4071 FAX:03-3847-9967

昨年の模様はこちら!


〇昨年の出展者一覧〇
(各出展者の詳細はこちら)

各種グッズ関連
アキラクラフト
アートスタジオ渓
●A-Style
キースト
キャップス
キロワールド
kobaのこうば
CREATE 千曲
●Goldiva Angler’s Arms
工房 ひわたり
J&Jストリームサイドタックル
Shaojie Liu Reel Maker
Silver Lake Club
ジュエリークラフト OBA
●杉坂隆久オリジナル
タックルクラフト・ヒロ
壺竹ヤスリ製作所
ティムコ
T-Craft
T-Made Reel
●Nice One Club
●Happy Face Trout
HARIKI FERRULE
水谷理美容鋏製作所
Beast
ヘリテージクラブ
F.F.ラボ
Blue Blood Rod
●Pear Wood
●マダラ工房
木工工房こもれびの森
●木工クラフト田中
Yanoシルクライン
river peak

カーボン&グラスロッド関連
Ijuin Rod
Solid Octagon
Shimomura Rod Works

バンブーロッドビルダー(各ビルダーのロッド購入、予約が可能です)
●Barada Rod(茨田 文夫)
Bum Rod(小竹 英信)
Genius Rod(新藤 忠伸)
Ijuin Rod(伊集院 一智)
Kakuhiro Rod(野中 角宏)
Kagerou Rod(石田 秀登)
Maekawa Rod(前川 敏之)
●Murata Rod(村田 孝二郎)
Omura Rod(大村 善之)
Ryuno Rod(辻林 隆能)
Retro Rod & Reel(上田 智行)
●Takemoto Rod(竹本 眞規)
Tremendous(市川 正道)
Yokota Rod(横田 純)
原田竹竿(原田 克己)

フライタイイングデモ、オリジナルフライの販売
●市村 準司
●岡本 哲也
●河合 宏一
●漆原 孝治
●島崎 了
●高橋 章
●備前 貢

木彩画、イラスト、油彩、水彩画、銅版画、水中写真
オランジェリーコレクション
●佐藤 忠雄
●柴野 邦彦
●知来 要
●原野 友貴
●松井 延之

雑誌、書籍関連
つり人社
ふらい人書房
フライの雑誌社

フィッシングツアー、ガイドサービス、釣り場紹介
おじか・きぬ漁協
●朱鞠内湖
なかとんべつ観光まちづくりビューロー
南会東部非出資漁業協同組合(会津大川C&R)
トラウトアンドキング
ネイチャーランド オム
●FLY TOP

フィッシングクラブなど
JFF
JFFA

(各出展者の詳細はこちら)

日程:2021年2月19日(金)~2月21日(日)
→2021年10月8日(金)、9日(土)に延期
※詳細は決まりしだい更新いたします。

問合先:つるや釣具店
TEL:03-3842-4071 FAX:03-3847-9967

昨年の模様はこちら!


2020/12/24

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING