LOGIN

第31回ハンドクラフト展

2月21日(金)~2月23日(日)開催

FlyFisher編集部=まとめ

バンブーロッドやランディングネットの展示・出品からタイイングデモ、またフィッシングシーンを描いた絵画などフライフィッシングにまつわる様々なものを一挙に集めた、つるや釣具店主催の「第31回ハンドクラフト展」が開催されます!

今年で31回目となる、全国の「アーティスト」たちが一堂に会する大規模なイベント。
皆さまの想像力を刺激するヒントがいたるところに! 是非ご参加ください!

日程:2月21日(金)~23日(日)
時間:21日(12時~17時)、22日(10時~17時)、23日(10時~16時)
会場:東京都立産業貿易センター台東館 7F南側
参加費:無料



〇出展者一覧(予定)〇
(各出展者の詳細はこちら)

各種グッズ関連
アキラクラフト
アートスタジオ渓
●A-Style
キースト
キャップス
キロワールド
kobaのこうば
CREATE 千曲
●Goldiva Angler’s Arms
工房 ひわたり
J&Jストリームサイドタックル
Shaojie Liu Reel Maker
Silver Lake Club
ジュエリークラフト OBAb
●杉坂隆久オリジナル
タックルクラフト・ヒロ
壺竹ヤスリ製作所
ティムコ
T-Craft
T-Made Reel
●Nice One Club
●Happy Face Trout
HARIKI FERRULE
水谷理美容鋏製作所
Beast
ヘリテージクラブ
F.F.ラボ
Blue Blood Rod
●Pear Wood
●マダラ工房
木工工房こもれびの森
●木工クラフト田中
矢野シルクライン
river peak

カーボン&グラスロッド関連
Ijuin Rod
Solid Octagon
Shimomura Rod Works

バンブーロッドビルダー(各ビルダーのロッド購入、予約が可能です)
●Barada Rod(茨田 文夫)
Bum Rod(小竹 英信)
Genius Rod(新藤 忠伸)
Ijuin Rod(伊集院 一智)
Kakuhiro Rod(野中 角宏)
Kagerou Rod(石田 秀登)
Maekawa Rod(前川 敏之)
●Murata Rod(村田 孝二郎)
Omura Rod(大村 善之)
Ryuno Rod(辻林 隆能)
Retro Rod & Reel(上田 智行)
●Takemoto Rod(竹本 眞規)
Tremendous(市川 正道)
Yokota Rod(横田 純)
原田竹竿(原田 克己)

フライタイイングデモ、オリジナルフライの販売
●市村 準司
●岡本 哲也
●河合 宏一
●漆原 孝治
●島崎 了
●高橋 章
●備前 貢

木彩画、イラスト、油彩、水彩画、銅版画、水中写真
オランジェリーコレクション
●佐藤 忠雄
●柴野 邦彦
●知来 要
●原野 友貴
●松井 延之

雑誌、書籍関連
つり人社
ふらい人書房
フライの雑誌社

フィッシングツアー、ガイドサービス、釣り場紹介
おじか・きぬ漁協
●朱鞠内湖
なかとんべつ観光まちづくりビューロー
南会東部非出資漁業協同組合(会津大川C&R)
トラウトアンドキング
ネイチャーランド オム
●FLY TOP

フィッシングクラブなど
JFF
JFFA

(各出展者の詳細はこちら)

ほかにも、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれないフリーマーケットも予定されています!

●問合先 つるや釣具店
TEL:03-3842-4071 FAX:03-3847-9967


2020/1/6

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING