LOGIN

Foxfire新作&イベント告知

1月26日(土)にイベント開催!

FlyFisher編集部=写真と文

SPRUCE LINE


Foxfireの新作展示会にお邪魔してきました。


昨年より展開している「SPRUCE LINE」。
コットン素材を使用したウエアのシリーズで、今後はさらに充実するとのこと。




下の写真が担当、松下洋平さんおすすめの新作ジャケット、「ベンタイルショーティーJK」。


タウンでも、アウトドアでも、フィッシングでも着られる、クラシカルな雰囲気を纏いながら機能性はアップデートされたウエアです。

フライロッド試投会&練習会、名古屋で開催!




今やティムコロッドの代表ともいえる、日本の渓流用に作られたJストリームが今年新しく生まれ変わって、2代目Jストリームとして登場します。

▼2代目Jストリームに関する記事はこちら。
もっと、日本の渓流のために。

それをメインにティムコ取り扱いロッドとラインを試せるイベントが、Foxfire名古屋ファッションワン主催、名古屋のフライショップ加藤毛ばり店協力により行なわれます。

解禁時の寒い時期に便利な防寒アイテムとしてFoxfireの商品も紹介されるとのこと。

また、自分のロッドを持参して、解禁前の腕慣らしとしての練習だけもOK。フライロッドをまったく触ったことがない方や初心者の方のキャスティング体験も行なえます!


日程:2019年1月26日(土)
時間:9:00~14:00
場所:サンビーチ日光川(愛知県名古屋市港区藤前5丁目901)
 駐車場代 ¥500
内容  
9:00~試投会&練習会
10:00~新作ロッドとJストリームのご紹介
11:00~解禁に使う防寒アイテムのご紹介
12:00~アトランティックサーモンショートのご紹介
13:45~ジャンケンゲーム(勝負に勝って景品Get!)

参加費は無料です。1日滞在する必要はなく、気になるお時間に足を運べばOKです。


2019/1/23

つり人社の刊行物
日本のフライフィッシング史
日本のフライフィッシング史 本体3,000円+税 B5判上製144P
フライフィッシングは日本でいつから始まり、どのように発展して、現在に至っているのか。またその間にはどのような隆盛があったのだろうか。 世界で唯一の月刊商業専門誌『FlyFisher』の黄金期を創り上げた元編集長・若杉隆が、フライフィッシング…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
日本のフライフィッシング史
日本のフライフィッシング史 本体3,000円+税 B5判上製144P
フライフィッシングは日本でいつから始まり、どのように発展して、現在に至っているのか。またその間にはどのような隆盛があったのだろうか。 世界で唯一の月刊商業専門誌『FlyFisher』の黄金期を創り上げた元編集長・若杉隆が、フライフィッシング…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING