LOGIN

シーズンオフのキャスティング練習会

名古屋で月1回開催中!

FlyFisher編集部=写真と文
個人練習の時間もあり、個々の課題も解決しやすい

開催概要
●日時 11月19日(日)、12月17日(日)、2018年1月21日(日)
●時間 いずれも午前10時~午後3時
●場所 サンビーチ日光川(愛知県名古屋市)
●参加費 無料(保険代など1人500円は各自負担)
●問い合わせ CI-Chubu (ブログ)http://fcfix.exblog.jp/  


中部地区在住のIFFF公認キャスティングインストラクター(CI)らが集まり、渓流オフシーズンの時期を中心に、無料のレッスン会を定期的に開催しています。

これからフライフィッシングをやってみたいという人、そしてスキルアップを目指したいという人の疑問・質問にインストラクターが応えてくれるスクールです。

参加費は無料ですが、安全のためレクレーション傷害保険代、備品代等として一人500円が必要(小学生以下は無料)になります。詳しい開催情報や過去のスクール内容などは公式サイトに掲載されていますので、こちらもあわせてご覧ください。

リーチキャストやメンディングのテクニックも学べる

2017/10/26

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING