LOGIN

サーモンフライの魅力に浸かる1日

「Salmon Fly Tying Experience Day」

FlyFisher編集部=写真と文
「Salmon Fly Tying Experience Day」というイベントタイトルもあるように、サーモンフライをより身近に「経験してほしい」という思いから始まった

開催概要
●日時 2018年2月18日(日)
●時間 午前10時~午後5時
●場所 岩珠旨(レストラン)東京都江戸川区船堀4-15-10
●主催 Slamon Fly Tying Experience Day実行委員会
●問い合わせ 「Salmon Fly Tying Experience Day in TOKYO」フェイスブックページ



サーモンフライを「見たい人」、「巻きたい人」、そして「使いたい人」へ、その魅力を発信するイベントが開催される。

「将来的にはカナダで行なわれているTHE ATLANTIC SALMON FLY INTERNATIONALを日本でもやれるようになりたいんです」と語るのは主催者のひとり、佐野直人さんだ。

「海外ではサーモンフライで釣ったり、歴史や巻き方を語りあったり、自慢しあったり(笑)という土壌があるのですが、日本にはそれがあまりありません。サーモンフライを巻いて楽しむという文化を日本にもっと根付かせたいと思っています」

内容は大きく作品展示とタイイングデモンストレーションに分けられ、作品は日本人だけでなく、イタリア、アメリカ、スウェーデン、ノルウェー、アルゼンチン、スコットランドと各地から届けられた。これだけバラエティーに富んだ作品が一同に見られるのはおそらく本邦初。

そのほか、16名のタイヤーそれぞれがグリーンハイランダーを巻き上げ、同時に展示することによってタイヤーの個性を際立たせる、といった凝った趣向も用意されている。

またデモンストレーション中は、テクニックを見物するだけでもよいが、スポット的にタイヤーに質問するのも自由。まさに「体験」できる内容だ。

「サーモンフライの世界には、さまざまな楽しみ方がたくさん詰まっています。もちろん釣りにも使えます。サーモンフライに馴染みがなかった方だけでなく、すでにどっぷりと浸かっている方にも楽しんで頂けるイベントです」。

開催については「Salmon Fly Tying Experience Day in TOKYO」のフェイスブックページで告知されており、参加申し込みについても同ページにて受け付けている。

2018/2/6

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING