LOGIN

Meetup!! イベントレポート

今後、さまざまな展開が期待できそうです。

FlyFisher編集部=写真と文
2018年3月4日、大阪市水道記念館にて
Meetup!! Fly Fishing Funs OSAKA Vol.1 が開催。
さまざまなリーダーシステムを振り比べるワークショップなど、実践的な試みも行なわれました。

ここでは、当日の展示ブース写真を掲載します!


会場内部のようす。屋外でロッドを振っている人も多数。

屋外の芝生スペース。水道記念館の職員の方も時折覗きにきます。

大阪のプロショップドラグフリーは主にオービス社ヘリオス3を展示。

主催者のひとり、矢野宏治さんのブランドYANO SILK FLYLINE

奈良のリールメーカー、Retro Rod & Reel。ビス以外はすべて自作されており、内部構造もオリジナル。やわらかいラチェット音が特徴。

兵庫のグラスロッドメーカー、Shimomura Rod Works。しゃっきりとしたアクションで、よい意味でグラスらしからぬ振り心地が印象的。

三重県のバンブーロッド・メーカー、Bum Rod。独特の断面形状を持つ構造。詳しくはこちらをご覧ください。「竹人たちの集まり」レポート 第1回

主催社のひとり原田克己さんの原田竹竿

上2点はタイヤー、池田辰吉さんの作品。

こちらは市村準司さんによる額装サーモンフライ。

白木敬久さんの額装ウエットフライ。

山陰トラウトフィッシングガイドの松井伸吾さんのブース。大山周辺の渓流は魅力的です。

C&Fデザインはグラスロッド、Epicを展示。

朱鞠内湖を擁する幌加内町観光協会は、無料とは思えないゴージャスなパンフレットを配布。

大阪のバンブーロッド・メーカー、Kuan Lee(クアン・リー)。バンブーロッド制作グループ、Bamboo Bar主宰。

森章彦さんの6角バンブーボールペン。このほかにも、バンブーロッド・メイキングから派生した小物を展示。

ONE EYED Flyfishはファンが多いロイヤルウルフプロダクツのトライアングルテーパー・ラインを展示。最近はフライでバスを楽しむ人たちにも人気が高いとか。

グラスロッドを展示したアルケミータックル。国産にこだわった作り。

物品展示のみを行なったシマネッツコバリール。関西以外からの出展。

このほか、関西在住のフライキャスティングインストラクター集団、「CI関西」によるワークショップ、主催者のひとりで「Cafe猿D26」を営む河村正一さんの自家焙煎コーヒーの無料配布などもありました。

ワークショップ参加者を盛り上げるために、工夫の余地はまだありそうですが、第1回目としては、充分だったのではと感じられる内容でした。

次回(来年?)も期待です!

2018/3/6

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年9月号 Summer

涼を求め、標高の高い源流へ足を延ばしたくなる夏。今号では、豊かな森を流れるイワナの川を旅します。大らかにフライをくわえてくれる尺イワナに癒されたい方は、ぜひページを繰ってみてください。釣り人なら誰もが見たくなる、ぽっかりと浮いた渓魚たちの姿や、東北の白神山地から流れ出す渓谷など、美しい写真をたっぷり掲載しています。 さらに夏休み、お盆休みなどで遠征をしたくなるこの季節、釣行プランの参考のため、日本の北と南の釣りを紹介。北海道でビッグトラウトをねらうか、沖縄や奄美大島の海で遊ぶか……。あなたはこの夏、どちらに行きますか?
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING