LOGIN

Meetup!! イベントレポート

今後、さまざまな展開が期待できそうです。

FlyFisher編集部=写真と文
2018年3月4日、大阪市水道記念館にて
Meetup!! Fly Fishing Funs OSAKA Vol.1 が開催。
さまざまなリーダーシステムを振り比べるワークショップなど、実践的な試みも行なわれました。

ここでは、当日の展示ブース写真を掲載します!


会場内部のようす。屋外でロッドを振っている人も多数。

屋外の芝生スペース。水道記念館の職員の方も時折覗きにきます。

大阪のプロショップドラグフリーは主にオービス社ヘリオス3を展示。

主催者のひとり、矢野宏治さんのブランドYANO SILK FLYLINE

奈良のリールメーカー、Retro Rod & Reel。ビス以外はすべて自作されており、内部構造もオリジナル。やわらかいラチェット音が特徴。

兵庫のグラスロッドメーカー、Shimomura Rod Works。しゃっきりとしたアクションで、よい意味でグラスらしからぬ振り心地が印象的。

三重県のバンブーロッド・メーカー、Bum Rod。独特の断面形状を持つ構造。詳しくはこちらをご覧ください。「竹人たちの集まり」レポート 第1回

主催社のひとり原田克己さんの原田竹竿

上2点はタイヤー、池田辰吉さんの作品。

こちらは市村準司さんによる額装サーモンフライ。

白木敬久さんの額装ウエットフライ。

山陰トラウトフィッシングガイドの松井伸吾さんのブース。大山周辺の渓流は魅力的です。

C&Fデザインはグラスロッド、Epicを展示。

朱鞠内湖を擁する幌加内町観光協会は、無料とは思えないゴージャスなパンフレットを配布。

大阪のバンブーロッド・メーカー、Kuan Lee(クアン・リー)。バンブーロッド制作グループ、Bamboo Bar主宰。

森章彦さんの6角バンブーボールペン。このほかにも、バンブーロッド・メイキングから派生した小物を展示。

ONE EYED Flyfishはファンが多いロイヤルウルフプロダクツのトライアングルテーパー・ラインを展示。最近はフライでバスを楽しむ人たちにも人気が高いとか。

グラスロッドを展示したアルケミータックル。国産にこだわった作り。

物品展示のみを行なったシマネッツコバリール。関西以外からの出展。

このほか、関西在住のフライキャスティングインストラクター集団、「CI関西」によるワークショップ、主催者のひとりで「Cafe猿D26」を営む河村正一さんの自家焙煎コーヒーの無料配布などもありました。

ワークショップ参加者を盛り上げるために、工夫の余地はまだありそうですが、第1回目としては、充分だったのではと感じられる内容でした。

次回(来年?)も期待です!

2018/3/6

最新号 2018年6月号 Spring

日ごとに緑が濃くなっていく春。本格的に活動を始めるのは、魚だけではありません。
ぽかぽか陽気とライズに誘われて、私たちも釣り旅をしたくなる季節になりました。
今号では、大人のための釣り旅プランを紹介。京都の穴場渓流を釣り、台湾では夜市巡りの後でマハシールをねらう。
さらに石川では、日本酒と魚に酔う旅を……。+αの楽しみがあるプランを、いくつか紹介します。
そして盛期に入る今、やっぱり手にしたいのは大型魚。東北の尺ヤマメ、
中禅寺湖のドライゲーム、そして北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行記を、たっぷりの写真で掲載しています。
ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポート第2弾、
刈田敏三さんが記録した4~6月の水生昆虫データなど、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING