LOGIN
WILD LIFE

釣人の心に刻まれた風景 色えんぴつ画展

滋賀県近江八幡市にある「かわらミュージアム」にて、5/20~7/2に開催されます

出展者=福永 和明

 

 滋賀県近江八幡市にある「かわらミュージアム」にて、R5年 5/20(土)~7/2(日)に「釣人の心に刻まれた風景 色えんぴつ画展」が開催されます。

 フライフィッシングに魅せられて早20年、今回の作品展は、東北や木曽など釣りで出会った渓の魅力を色えんぴつ画で表現しています。また、長年取り組んできた釣った渓魚をモデルにした原寸大の木彫クラフトも展示します。作品を通して渓谷の魅力を感じていただければ幸いです。木彫クラフトも展示(アマゴ23cm)

flyfisher photo

 

flyfisher photo

 

flyfisher photo

 

会場:かわらミュージアム(開館9:00~17:00 ※入館は16:30まで 休館日 月曜日※5月は休館日なし)

入館料:一般300円 小中学生200円 ※団体(10名様以上は50円引き)

住所:滋賀県近江八幡市多賀町738-2

☎ 0748-33-8567

日程:R5年 5/20(土)~7/2(日)

展示:色えんぴつ画28点・渓魚クラフト約9点など

出展者:福永 和明(フクナガ カズアキ)

HP:フィッシュクラフト工房

 

 

Profile flyfisher photo 福永 和明 (フクナガ カズアキ)

1957年 生まれ 滋賀県東近江市在住 45歳の時に友人に釣りに誘われてからフ ライフィッシングと渓流魚に魅せられ、 釣行時の色えんぴつ画と、渓流魚の木彫 クラフトを作っています。 お問合わせはフィッシュクラフト工房まで

 

 

 

 

2023/5/17

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING