LOGIN

山口直哉の中禅寺湖白熱教室

2020年3月16日開催!

FlyFisher編集部=写真と文

FlyFisher ACADEMY vol.2

タイイング&トークイベント

『山口直哉の中禅寺湖白熱教室』

出演:山口直哉
開催日:2020年3月16日(月)
時間:19時〜21時(18時開場)
会場:cafe&bar BASE CAMP(千代田区神田三崎町2-22-8梨本ビル1F)
会場電話番号:03-5213-4884
募集人数:15名(定員になり次第締め切り)
参加費:FlyFisher ONLINE会員2000円、非会員4000円(いずれもワンドリンク付)
※参加費は当日会場にてお支払いいただきます。

▼お申し込みはこちらから!
お申し込みフォームへ
※山口さんへの中禅寺湖の釣りに関する質問も事前にお書きください。
※お申し込みの確認後、主催者側からご招待メールをお送りいたします。
※ご招待メールが参加券になります。

2020年中禅寺湖解禁に向けた山口直哉さんのタイイングデモ&トークショーです!

中禅寺湖を楽しむ鍵は

1.ねらう魚種を基準に戦略を立てること
2.季節の進み方を意識すること
3.エサ(ユスリカ、ワカサギ、モンカゲロウ、セミなど)の状況を理解すること

中禅寺湖の主なターゲットはホンマス、ブラウン、レイクトラウト。

それぞれの特性を把握することで戦略が立てやすくなります。

その戦略とは……。

1.季節に応じた釣り方
2.場所の選択
3.ラインの選択(ねらう深さ)
4.リトリーブ方法
5.フライ


と細かくブレイクダウンして考えます。

「こういう話は原稿に書こうとすると複雑で大変なので、正直おしゃべりしたほうが楽なんですよね〜」
という山口さん。

当日はグーグルマップも使ってポイントを解説しながら、これまでヒミツにしていた釣れるフライパターンとカラーを解説していただきます。

普段雑誌やFlyFisher ONLINEで取材をしているような感覚で、山口さんのお話を聴きながら、手元はビデオカメラで撮影します。

マップや映像は会場のモニタよりご覧いただけます。

カバーする内容が多いため、駆け足での解説になることが予想されますが、ぜひお楽しみください!

内容
第1部
中禅寺湖の全体像について
エサの状況と季節の進み方を解説します。



第2部
レイクトラウトのねらい方
解禁から4月20日頃までと、4月20日〜5月20日ごろまでの戦略



第3部
ホンマスのねらい方
解禁から4月20日頃までと、4月20日〜5月20日ごろまでの戦略



第4部
ブラウントラウトのねらい方
解禁から4月20日頃までと、4月20日〜5月20日ごろまでの戦略




第5部
おすすめフライ2パターンのタイイング
※当日タイイングするパターンとは違うカラー、パターンになります。

という予定です!

▼お申し込みはこちらから!
お申し込みフォームへ
※山口さんへの中禅寺湖の釣りに関する質問も事前にお書きください。
※お申し込みの確認後、主催者側からご招待メールをお送りいたします。
※ご招待メールが参加券になります。


お待ちしております!
【イベントに関するお問い合わせ】
主催:株式会社つり人社
TEL: 03-3294-0781
info@tsuribito.co.jp

2020/2/13

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING