LOGIN
アカサカ釣具

杉浦雄三のタイイングライブ

2021年1月29日(金)、19時30分スタート

FlyFisher編集部=写真と文

『杉浦雄三のタイイングライブ』

■開催日:2021年1月29日(金)
■時間:19時30分〜20時30分


どなたでも、こちらから視聴できます。

FlyFisherのフェイスブックページでも同時に配信します。

環境に合わせてお楽しみください。

また、映像は配信後アーカイブとしてFlyFisher ONLINEのMOVIEページで公開しますので、見逃した方(FlyFisher ONLINE会員限定です)もご覧いただけます。

《Profile》
杉浦雄三(すぎうら・ゆうぞう) 1972年生まれ。愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なうショップ「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらっている。
●TEAL www.teal-flyfishing.com


今回巻くのはこちらのフライです。


EPブラシ・マドラー
●フック……バリバス2410V#4
●スレッド……TMCユニコード12/0ホワイト
●テイル……ラムズウール・ダイドFLラスト、フィンラクーン・ダイドスカルピンオリーブ
●ボディー……EPブラシUV・クラフト(ブラウン&オリーブ)、EPブラッシュ・フォックス(オリーブ)
●ヘッド……タングステンビーズ・Lサイズ(ゴールドorレインボー)、スピンディア(ナチュラルorブラック)

本流のフライでも使用頻度が高くなっているEPブラシを使ったマドラーパターンです。

杉浦さんによると、「EPブラシ・マドラーは解禁からのストリーマーフィッシングで使います。ランの前半から中層前後のタナをねらうためにデザインしてあり、トリッキーな動きでトラウトを誘います。」とのこと。

以下、このフライで釣った魚です!






通常どおりの解禁を迎えられるのかまだ不透明ですが、フライは準備しておきたいですね!

このほか、ホワイトボードを使った、流し方の解説も準備しています。

お楽しみに!



ライブ配信ですので、バイスを準備して一緒に巻いてみるのもよいですし、事前にタイイングに関するご質問をいただくことも可能です(すべての質問にお答えできない可能性があります)。

質問は件名に「杉浦タイイングライブ質問」と明記し、以下のURLよりメールにてお送りください。
info@tsuribito.co.jp

もちろん釣りに関する質問も大歓迎です!


2021/1/25

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING