LOGIN
海人スタイル奄美

SABALO タイイングイベント

2月1日(土)、2月16日(日)開催

FlyFisher編集部=まとめ

2月は東京都のフライショップ「釣道楽屋SABALO」様にてタイイングイベントが2件行なわれます!

●解禁直前!! 嶋崎了氏 タイイングデモ●
日程:2月1日(土)
時間:13時~
場所:釣道楽屋SABALO 店内
参加費:無料

ティムコの嶋崎了さんによるタイイングデモです。実釣からフィードバックされた渓流フライがメインとなりますが、ウエットや、近年嶋崎さんが通い詰める中禅寺湖用のストリーマーフライのタイイングも行なう予定です。

マテリアルの選び方やタイイングの細かな工夫を見ることで、普段何気なく巻いている一本も、より深い理解が得られることと思います。


●第5回ソルトフライタイイングデモ●
安田陽一郎さん、中島隆さんによるソルトフライタイイングデモ
日程:2月16日(日)
時間:12時~
場所:釣道楽屋SABALO 店内
参加費:無料

安田陽一郎さん(奄美大島ガイドサービス:Far East Heaven
ご自身がガイド業を営む奄美大島で開発された南国フラット用ソルトフライのタイイングの実演です。
中嶋隆さん(UOSO
マークペディシャンのタイイングツール「マジックツール」を使ったフレッシュ&ソルトフライのタイイングの実演です。


毎年恒例となっている嶋崎了さんのデモのようす。渓流シーズン解禁直前のモチベーションを上げてくれること間違いなし!


●問合先:釣道楽屋SABALO 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-1-4 大島ビル1F
TEL:03-3201-2000 FAX:03-3242-0228

2020/1/6

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING