LOGIN

ピーコックを「発見」する

スペイピーコックとマラブー

FlyFisher編集部=写真と文
幼鳥のランプフェザー(いわゆる成鳥のピーコックアイの部分)


「FlyFisher MAGAZINE No.296」 2020年 Mid Summer号にて掲載したピーコックコンプリートの補足です。

スペイピーコック


まずは各部フェザーの写真。

ピーコックの幼鳥「ヤングピーコック」のランプフェザー(成鳥ではピーコックアイになる部分)。

商品名として「スペイピーコック」と名付けられた素材だ。

成長度合いによってさまざまな表情を持つこの部位は、普段見慣れている成鳥のものと比べると非常に軟かく、ストリーマーのウイングなどにも向き、また、ボディー材としてシャンクに巻きつけてもまた違った印象になる。

ただ難点は同じマテリアルが次に手に入る保証はない、ということ。

一期一会の要素が強い素材だ。


アイの面影はそれほどないが、これから成長するであろうフェザー。パートリッジのバックフェザーのようでもある



なんとなく「アイ」っぽくなってきている段階。ピーコックらしい輝きはない



これも幼鳥のランプフェザー



両端がグリーンがかったもの




だいぶアイの感じだが、両端のハール部分はまだ軟らかさを維持している


ピーコックマラブー


もうひとつ注目の素材はピーコックマラブー。

色合いは地味ながら動きもよく、沈めるフライのウイングやボディー、テイルにぴったり。

これもコンプリートを触ってみると、ニュアンスの異なるさまざまなフェザーが生えていることがわかる。


いわゆるマラブーらしい形



こちらは先端が緑がかった、ほんの少しブルーネックに近いようなフェザー



ボディーフェザーに近いもの。マラブーと呼べるかどうか疑問ではある



フライパターン


安田さん作のピーコックを使ったフライ。

ここでは一部「FlyFisher MAGAZINE」 No.295で掲載したものも取り上げている。

グリーンがかったスペイピーコックをハックリング



ピーコックマラブーをメインにまだら模様のスペイピーコックを混ぜて使っている



こちらはスペイピーコックをメインに使用



スペイピーコックをスロートハックルとして



スペイピーコックをボディーに巻いたパターン



ドライフライにも。コンプリートなら極小のブルーネックも(一生使いきれないほど)手に入る



ドライフライのボディーにも面白い



スペイピーコックとマラブーの動き



今回安田さんには、スペイピーコックのしなやかさとマラブーの動きを確認するためにサンプルを巻いていただいた。

水中の動画がこちら。

素材の動きだけでなく、シャンク(ボディー)の見え方なども面白い。








2020/7/21

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING