LOGIN

山口直哉 フライキャスティング論

ロッドティップの真上を通るループを作る

山本克典=文、田伏博=写真

《Profile》
山口 直哉(やまぐち・なおや)
中禅寺湖に精通したエキスパート。湖ファンから信頼を受けるキャプチュードのロッド開発・製作を行なうほか、SA社のシューティングテーパー「中禅寺湖スペシャル」の開発にも携わる



この記事は2019年Early Summer号に掲載されたものを再編集しています

振り方に関わらず、常にロッドティップの真上を通るループを


 フライキャスティング論、というようなものじゃないかもしれないけれど、僕の場合はシンプルですよ。ティップの上を必ずラインが通る。これを自分の中の基本としていて、常にそうできるようにしています。

 ですが、すごく多くの方が、ループを崩して投げている。ロッドティップの上をループが通らないんです。

 多くの方が、ピックアップ&レイダウンが基本だと教わりますよね。ピックアップ&レイダウンというのは、振り上げて下ろすだけの動作。つまりフライラインはロッドティップの軌道に追従するわけです。

 それなのに、フォルスキャストになるとロッドティップの軌道の横を通すようになる。ピックアップ&レイダウンから練習を始めたのに、ループが3次元的に崩れている状態です。

 真上でサオを振るならラインは当然真上を通るし、斜めで振るなら斜めを通ります。ロッドはまっすぐ振っているのに、ラインは斜めを通るというのはおかしくないでしょうか。

 これには弊害があって、渓流とかではわかりにくいんですが、湖でループを崩した側から風が吹くと一発でダメです。ロッドにラインやリーダー、フライが当たって釣りどころではなくなります。そこが僕には解せないのです。

ロッドティップの真上を通るループが発生する瞬間。ロッドはリリースポジションで、ホールはあと少し引きしろが残った状態。山口さんの目差すループはゆっくり、そして高く。特にシュート前のバックキャストはそのように心がけている。その理由はシュートのタイミングを捉えやすいから


※この記事の続きは有料メンバー登録するとご覧いただけます。





2020/11/17

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING