LOGIN
アカサカ釣具

UVマテリアルってなに?

フライマテリアルにおけるUVとは?

FlyFisher編集部=写真と文

フライマテリアルにおける「UV」とは蛍光のこと

大前提として、いわゆるUV効果と呼ばれるものは、紫外線によって何かしらの光を反射する蛍光の一種で、UVマテリアルはその効果を付与したものの総称。紫外線は人間には見えないので、ブラックライトなどを使うことで、青白く光って見えるようになる。今回の小特集では、この青白く光って見える効果がどういうものかを紐解いていく。

まずUVマテリアルの話をする前に人間の視覚についておさらいしておこう。太陽の光をプリズムに通すと虹のような光の帯ができるのはご存じのとおり。この帯は波長ごとに色が変わり、特定の波長が人間の視細胞を刺激し、脳がそれぞれの色を認識しているわけだ。光の帯は赤、橙、黄、緑、青、藍、紫に分けられ、この領域を可視光線と呼ぶ。可視光線のなかでもっとも波長が短かいのが紫色で、380nm(ナノメートル)。もっとも長いのが赤色で780nm。この領域の外、紫色よりも短かい波長の光が紫外線、赤色よりも波長が長い光が赤外線である。

 

flyfisher photo

人間の目に見えるのは380~780nmの領域。いわゆる虹の7色だが、これはヒトを含む霊長類が赤、緑、青の3色が色覚の基盤になっているから。魚類はこの3色に加え、紫外線も感知している。ちなみに赤より長い波長は赤外線、さらに長くなると電波になる。紫よりも短かくなると紫外線、さらに短かいX線、ガンマ線が存在する

 

flyfisher photo

光は波の性質を持っていて、波の谷から谷、もしくは山から山の長さを波長と呼ぶ。この波長の長さの違いが色の違いになる。夕焼けが赤く見えるのは、太陽が水平線に近くなると波長の長い赤色だけが届くから。海の水が青く見えるのは、波長の短かい青色の光だけが水中に届くためだ

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/6/25

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING