LOGIN

クイルゴードン&ライトケイヒルを巻く

クラシック・ドライフライの王道

稲見一郎=解説

《Profile》
稲見 一郎(いなみ・いちろう)
1965 年生まれ。東京都板橋区在住。プロショップ「ハーミット」を営む。
渓流から海までさまざまなフィールドでフライフィッシングを楽しみ、それに応じたフライパターンを教える機会も多い。
ドライフライのクラシックパターンも数多く愛用する

この記事は2014年2月号に掲載されたものを再編集しています。

各部位のバランス感を養う

クイルゴードンは、日本でも早くから紹介されてきた、クラシック・ドライフライの中でもメジャーなパターン。アメリカで考案されたものだが、厚いハックルと細身のシルエットで縞模様のアブドメンは、ヤマメやイワナのフィールドでも数多くの実績を上げている。

クイルボディーのストリップト・ピーコックは、ダビング材のようにマテリアルに厚みがある素材ではないので、下地をいかにフラット(たとえテーパーがついていても凹凸のない状態)に作っておくかがキーになる。

ピーコッククイルより先にシャンクに取り付けるテイル材とウイング材が、ボディー下地に凹凸を作ってしまう主な原因になりがち。そこで稲見さんは、テイル、ウイング両方のマテリアルの余り部分を斜めにカットしてスレッドでならす方法によって、フラットな下地を作成している。またピーコッククイルをボディーに巻く際には、重ねずに巻き進めることによって、シルエットが膨らむのを避けている。


そしてもう一つの特徴は、レモンウッドダックのバンチウイング。基本的には1本のフェザーを丸ごと使うが、毛先の揃っている幅が広いものを選びたい。ウイングはシャンクと同じ長さが理想なので、フックに留める前に、ファイバーの長さをシャンクにあてて確認する作業も大切だ。

タイイングでは左右に分かれるファイバーを均等に2分するのがコツ。最初からスレッドを掛けて何となくウイングを開くのではなく、あらかじめ二ードルなどを使って分け目に癖を付け、しっかりとファイバーの量を確認してからスレッドを掛けるようにする。

「スタンダードパターンはバランスがだいじ。黄金比を目差すためには、フックに対するマテリアルのサイズ感をしっかりと把握しておくことが大切です」と稲見さんが話すように、シャンクの長さを基準にして、テイル、ハックル、ウイングのサイズを調整するとバランスのよいフライを作りやすい。

また、ここではバンチウイングを持つ同じフォルムのパターンとしてライトケイヒルも紹介。ヒラタカゲロウを模したフライとして日本でも人気の高い1本だが、こちらもやはり各マテリアルのバランスに気を配る。ダビングボディーなのでクイルゴードンほど手間はかからないが、美しいフォルムの押さえ所は変わらない。

『クイルゴードン』編

●フック……TMC100BL
●スレッド……8/0ブラウン
●テイル……コックネック・ライトブラウン
●ウイング……レモンウッドダック
●ボディー……ストリップト・ピーコックアイ
●ハックル……コックネック・ミディアムダン(今回はインドコックを使用)


フックとスレッドを除けば、使用する素材は3つのみ。シンプルな構造ながら、渓流のさまざまなシチュエーションで効果的なフライなので、クラシックなフォルムを練習するにももってこいのパターンといえる

ピーコックのフリューを剥がずためには、ロウを用いるのが定番。単に除去しやすいだけではなく、クイルの表面にロウがコーティングされるので、強度アップにもつながる

シャンクにスレッドが重ならないように下巻きを施し、ハックルフェザーのテイルを取り付ける。テイルの長さはシャンク長と同じが目安。切り取るファイバーはフェザーのサイドに生えている、ハリがあってサイズの短すぎないものを選ぶ

下地の凹凸をより少なくするため、留めたテイルの余り部分は写真のように斜めにカットする

斜めにカットしたテイルの余りをスレッドできれいに覆ったら、そのままスレッドをアイ手前に移動させる。ウイングは、まずフェザーをフックにあてて、どのあたりにスレッドを掛けるのかを想定する(確認作業の詳細は21ページに掲載)。フェザーは左右に分かれやすいよう、中央のストークはカットして使う

まとめて一束にしたフェザーを、シャンクに合わせて長さを確認する。ウイングの長さはシャンク1本分が目安だ

位置が決まったら、ウエットフライのウイングの要領でスレッドを掛ける。ウイングを挟んだ指の中でループを作り、テンションを掛けながらゆっくり下方向に締めていく。これにより、ファイバーの束をシャンクの真上で固定させることができる

固定後はこのような状態になるが、ここでウイングが長いと判断した場合は、後ろを引っ張って長さを調整できる。ファイバー同士が捻じれないように注意

ウイングを留めたら、アイ側から親指の爪などでウイングを立てて癖を付ける。この状態でも、シャンク1本分ほどの長さが保てているか確認

次にウイングの余りをカット。この時、スレッドの際からテイル側に向かって斜めにカットする。テイルを斜めにカットした時と同じ作業をアイ側から行なうことになる

こちらも凹凸のないように、余りのファイバーがシャンクの上からはみでないようにスレッドで巻きつぶす。テイルよりウイングのほうが、ファイバー量が多いので、アイ側に向かって若干テーパーが付いている

ウイングのアイ側の根もとぎりぎりにスレッドを掛け(ウイングは束ねない)、ウイングを垂直に立たせる。正面から見た時に、左右対称の扇状になっていればOK

ウイングを分ける作業は、まず二―ドルなどを使って2等分になるよう癖を付ける。しっかり正面から見て、どちらかにファイバーが偏っていないか確認しよう

ウイングを束ねる際には、2本の束の間を8の字を描くようにスレッドを掛ける。ここでは8の字を3回掛けている。それ以上回し過ぎるとウイングが適度にばらけず、棒状になってしまう恐れがあるので注意

ストリップト・ピーコックはシャンクに比べて2.5倍ほどの長さがちょうどよい(0.5は留め代分)。テイルの根もとぎりぎりに、先端部分を巻き留める。(ストリップト・ピーコックの作成手順は21ページに掲載)

ピーコッククイルを巻き進める際は、テンションが緩んでも巻いた分のボディーがほどけないように、もう一方の手は奥側から押さえながら巻き進めると余裕を持って作業しやすい。ハックルを巻く幅はシャンク全体の5分の2ほどのスペースを想定し、その部分を開けてピーコックを固定し、カットする

今回は2本のフェザーでハックリングを行なう。フェザーが短く、テーパーが付いているインドコックなどの場合はボリューム感を持たせるために複数枚巻くとよい。ファイバーがウイングの7割ほどの長さのものがジャストサイズ。留める部分は、ファイバーの根もとを微妙に残した状態でカットしておくと、スレッドを掛けた際に滑らずに固定されやすい

2本のハックルはシャンクの両側にそれぞれ裏が外を向くように留める。ストークの根もとが重なって固定されていると、巻いたときに緩みやすくなってしまうのだ。また取り付ける際は、ストークがウイングの根もとに当たらないように注意

上から見た2枚のハックルをシャンク両側に留めた状態。基本的には左右同じ位置に留めるのだが、その場合、どちらから先に巻きはじめても構わない

ハックルは1本ずつ巻き進める。まず1本目はウイングの前後で3回ずつ巻いた。2本目を描くことを想定して、密に巻きすぎないようにする。ウイングを巻きこまないように気を遣いながら作業を進めよう

2本目のハックルは、1本目の間を縫うように、できるだけ密に巻き進める。先に巻いたハックル、ウイングを巻きこまないように、テンションを維持しつつジグザグに揺らしながら巻くとよい。また、アイの手前ではハックルとウイングを後方に軽くなでつけるようにすると、巻きこみも少なく、より形を整えやすくなる

ハックルを留めて余りをカットすれば、フィニッシュして完成。全体を見てみて、各部のバランスを確認してみよう。このフォルムを覚えておけば、多くのスタンダード・ドライフライに応用できるはずだ

『ライトケイヒル』編

●フック……TMC100BL
●スレッド……8/0ライトケイヒル
●テイル……レモンウッドダック
●ウイング……レモンウッドダック
●ボディー……ダビング材・ライトケイヒル
●ハックル……コックネック・ライトケイヒル


ダビング材をボディーに使用するので、クイルゴードンよりも製作工程はシンプル。ウイングの素材も含め共通する部分は多い。「ライトケイヒル」はマテリアルカラー
にもなっているので、タイイングの際には適した材料を揃えやすいだろう


切り出したテイルをシャンクに乗せ、固定する。ダビングボディーのため、下地にはそれほど気を遣うことはなく、ボディー部分全体にテイル材を乗せる。ただし、ファイバーがシャンクの横などにずれないように注意

次にウイングをクイルゴードンと同じ要領で取り付ける。もちろんウイングの長さはシャンク1本分と、各マテリアルのバランスも同じ

ウイングの余りはクイルゴードン同様斜めにカットし、スレッドで凹凸のないように覆う。その後はウイングの根もとにスレッドを掛け、垂直に立てる

ウイング周りにスレッドを掛ける際は、ボビンから出るスレッドを短くした状態で作業すると、コンパクトな動きで、フェザーなどの巻きこみを極力避けることができる

ウイングの束を2分して、バンチウイングを作成。こちらも、「8の字」を描くスレッドワークを3回繰り返している

バンチウイングは横から見ても扇状になっているのがベスト。棒状になってはいけないが、根もとはしっかりと“点”で束になっているようにする

ライトケイヒルのダビング材をスレッドに撚り付ける。この段階でダビング材の量を調整してテーパーを付ける手法もあるが、稲見さんはフラットな状態で製作している

下地が隠れるようにダビング材を巻き付けた状態。ウイングの前後にもダビング材を薄く巻いておくと、ハックルを巻いた際に滑らずにタイイングできるという利点がある

クイルゴードンの場合と同じバランスでハックルを留める(今回は1枚)が、滑り止めに巻いたダビング材の上に留めて構わない。スレッド、ボディー、ハックルがすべて同系色だからできる技

ここでもハックルの前後は3回点ずつ。ウイングをまたぐときは、必ずシャンク下側から回すようにする

ハックルはシャンク下側で固定すると、フィニッシュ時にヘッドが大きくならずに済む。ここでもウイング、ハックルを後ろになでつけながら作業をすると楽だ

余りをカット後、フィニッシュして完成。ウイングはシャンクの真上から45度の角度で左右に開いているのがベスト

Tying Tip 01

ピーコックアイのフリューを取り除く

クイルボディーに使用するピーコックは、ストークがフラットなアイ部分を使用する。ロウを使用する場合は、1本ずつ作業するのは面倒なので、ある程度クイルボディーに使用する範囲(フライ数本分)を決めてから作業したほうが効率がよい。一度に数本のストリップト・ピーコックを作っておけば、後々のタイイングも楽になる。

①下に汚れても構わない紙などを敷いて、ピーコックの裏側にロウを数滴垂らす。アイ付近は特に密に生えているので、1滴垂らせば染み込んでいくようにロウが広がるので、大量に垂らす必要はない。

②ロウを垂らした後は少し時間を置いて乾かすと、写真のように、光沢が失われたようになる。この状態のファイバーをストークからカットし、1本1本に分ける

③それぞれ分けたファイバーを、フリューを逆撫でるように爪でしごけば、乾いたロウと一緒にフリューが落ちていく。ここでストークを潰してしまうほど力を入れ過ぎると、裂けたり、切れたりすることがあるので、軽くしごくだけで充分

④作業を終えたピーコックアイ。写真ではすべてのフリューを除去しているが、ここでファイバーの片面だけ残すようにすると、また違った質感を表現することができる


Tying Tip 02

バンチウイングの確認作業

①レモンウッドダックを選ぶ際は、ファイバーが先端で切れているものが混ざっていたり、長さが揃っていなかったりするものは避けたい

②先端が揃っているかを確認する作業として、実際に指で根もとから絞るように束ねてみると分かりやすい。写真のように毛先を集めてみて、同じ長さのものがウイングに充分な量揃っていれば問題ない。

③フェザーの状態で、ウイングに必要な長さも確認したい。写真で、親指で押さえている部分から先が実際にフックに留める箇所。こうして片方のウイニングに使う部分を束ねた状態でも毛先が揃っているかを見ておこう。この3点をチェックしてOKであれば、ウイング材として合格だ

2019/2/20

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING