LOGIN
ささきつりぐ

地形図を使った渓流釣り場の探し方

釣れそうなのか、入退渓地点は、落差は? これさえわかれば初めての釣り場でも困らない

解説=岡本哲也

※この記事はFLY FISHER No.206を再編集したものです

よい川の条件

「地図を見れば、そこがどんな川なのかが見えてきます。GPSやカーナビ全盛の時代にそんなアナログな方法なんて、と思う人がいるかもしれませんが、初めての川でもだいたいの想像がつくので、効率よくムダのない行動でその日の釣りを組み立てることができます。また危険回避の面でも大いに役立ちます」と語るのは釣り場開拓に2万5000分の1の地形図を活用する岡本哲也さんだ。

地形図は登山経験者や源流志向の強い人にとっては必需品でも、通い慣れた渓を往復するだけの人にはあまり馴染みのないもの。等高線の入った地図からまだ見ぬ釣り場の良し悪しを判断するにはそれなりの知識とコツが必要になってくる。

岡本さんが地形図の何をヒントによい釣り場かどうかの判断をしているのかを聞いてみた。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。
有料メンバー登録ボタン

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

雑誌の表紙 書影をクリックするとFujisan(電子書籍を取り扱っているサイトです)へジャンプします。

FLY FISHER 2011年01月22日発売号

【特集】日本のフライフィッシングを知る3人へのインタビュー/見える

やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。


2023/11/13

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING