LOGIN
Bibury Court

驚きの流れ

釣行日:2019年5月上旬/長野県・犀川

FlyFisher編集部=写真と文

正田さんは魚にフライを追わせる釣り。ゾンカーのような軟らかいフライだけでなく、ヘアを使ったパターンも有効なときがある

 

正田 はい、1年を通じて考えたら8割ストリーマーを使っています。メインはチューブタイプで、 サイズは7~8cm。一番大きくて10cm、小さいので5~6cmですかね。大きいフライだと大きな魚の反応が明らかによくなります。 まあフライパターンにもよると思いますが、大きいチューブフライをスイングさせていて、よく小さい魚が当たるんです。で、小さいのでもいいから釣りたいとか思って小さいフライに替えると、アタリが全然なくなるんですよね。そういうところからも、大きいフライには魚を寄せる力があると考えています。たぶんスイングするフライを追いかけるっていうのは完全に魚の習性というか本能だと思っています。それをうまく利用するのがスイングの釣りですよね。硬いマテリアルであんまり動かないようなフライでも、一定のスピードでくれば魚もなぜかフラ~ッとついていっちゃう、みたいなイメージですね。横に動くフライについていくのは、彼らは自分で尾ビレを漕いで推進力を使わずに、流れを利用して楽に追いかけられるからだと思っています。

 

 

 

ルアー用のダブルフックをチューニングして使う。鈍ったら交換をするか、耐水ペーパーを使い研ぐ

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2023/1/17

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING