ヘッド接続のワンポイント・アドバイス

ループの上手な使い方

中峰 健児=文
湖や本流の釣りで必要なランニングラインとシューティングヘッドの接続。ループの有無でその方法は変わってくるが、ここではその代表的な接続法と、意外におすすめの「+α」をアドバイス。
この記事は2015年7月号に掲載されたものを再編集しています。

《Pfofile》
なかみね・けんじ
1968年生まれ。千葉県千葉市在住。ティムコ社に勤務しながらダブルハンド・ロッドやシューティングヘッドの開発にも携わり、スイッチロッドなどを使った各種スクールも行なっている。芦ノ湖や阿寒湖など、湖の釣りを得意としている。

シューティングヘッドのメリット

渓流のトラウトフィッシングでは、多くの場合ダブルテーパー(DT)やウエイトフォワード(WF)構造のフライラインが使われるが、湖や本流といったフィールドにおいては、今日ではシューティングヘッド・システムを用いるのが一般的となっている。

このシステムは通常、9m前後(多くの場合6~12m)の太くて重量のあるシューティングヘッドと、細くテーパーのないランニングラインで構成されている。ヘッド部分が短いため、広いバックスペースを必要とせず、少ないフォルスキャストで手返しよくロングキャストできるのが大きなメリット。
芦ノ湖、湖尻エリアでの釣り。シューティングヘッドは、コンパクトな動作で飛距離を稼げるシステムといえる

さらに各種シンクレート(沈下速度)のシューティングヘッドを用意しておけば、ヘッド部のみを交換することによってシステムの切り替えも早い。

これまでは、接続を簡単にするためにシューティングヘッドの後端にブレイデッドループを装着するケースも多かったが、最近はヘッドやランニングラインに製造段階で溶着ループが装備されているタイプが多くなっている。今回はその現状を踏まえて、いくつかの接続方法を説明したい。
(※今回はヘッド後端にループが付いているタイプを例に解説する)
最近ではフライラインにループが付いているタイプが増えている。特にシューティングヘッドの場合は有効に活用したい

ランニングラインにループが装備されている場合
特にランニングラインが0.030インチより太い場合に、ループが装備されている製品が増えている(モノフィラメントコア製を除く)。その場合、ヘッドとランニングライン双方のループを利用して、ループ・トゥ・ループで接続するのが基本になる。
片方のループがコブ状にならないよう、このように接続するのが基本

こちらは片側がコブ状になった失敗例

ランニングラインにループが付いていない場合
ランニングラインが0.030インチより細い場合や、モノフィラメントコア製、もしくはモノフィラメントのランニングライン(フライラインタイプではない)では、ループが装備されているものは少ない。そんな時は、次のような2パターンの接続方法がおすすめだ。

①ループ・トゥ・ループで接続
ランニングラインの先端にパーフェクションループを作り、ループ・トゥ・ループでつなぐ。この時ループをやや大きめに作れば、シューティングヘッドがコイルの状態(ワレットに収納したままの状態)で接続することができる。

ただしこの方法はヘッドの交換が簡単にできるが、どうしてもラインに段差が生まれてしまうため、パーフェクションループ部が、リトリーブ中ティップガイドに入った時にわずかな抵抗が生じてしまう。
ランニングライン側のループの大きさは、余裕をもって作っておきたい

②クリンチノットで接続
シューティングヘッドのループに、ランニングラインをクリンチノットでダイレクトに接続する。結び方もシンプルなので、交換時にはカットしてしまえばヘッドの交換が簡単に行なえる。結び目も小さくなるので、ライン回収時のガイド抵抗が小さくて済む。

一方、ヘッドを交換するたびにランニングラインが少しずつ短くなるというデメリットも。またループ側にノットが食い込んで、跡を残してしまうことも多い。
クリンチノットでフライライン側のループに直結。ヘッドを替える時はカットする

「正しくない接続法」が使いやすい

ランニングライン側のループの有無によって異なる接続法は、いずれも一長一短があるが、ここでひとつ現場からのアドバイスを。

ランニングラインにループが付いておらず、パーフェクションループを作って接続する場合、ヘッドがダブルハンド用のように太いと、いわゆる「正しいループ・トゥ・ループ」(写真A)では接続部の段差が大きくなってしまいがち。

そうすれば、トップガイド、スネークガイドに引っ掛かることも多くなる。リトリーブ時にアタリと勘違いしたり、時には掛かった魚とのファイト時にヘッドの出し入れがスムーズにいかなかったりして、バラシの原因になることも少なくない。

そんな時、実は「正しくないループ・トゥ・ループ」(写真B)がおすすめだ。結び目をシューティングライン側に偏らせることで段差を小さくし、ガイド抵抗を極力少なくしようというもの。
あえてランニングライン側のループを偏らせて小さくまとめる

太いヘッド使用時のほかにも、直径0.025インチ以下のフライラインタイプや、特に極細のモノフィラメントのランニングラインを使っていて、接続部のガイド抵抗が気になっていた方はぜひ試していただきたいと思う。

2017/8/21

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING