LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

スパイダーパラシュート誕生秘話

水面に張り付いたハックルがふわふわと動くようすは魚でなくても思わず手を伸ばしてしまう

FlyFisher編集部=写真と文

「スパイダーパラシュート」という名称が一般的になりましたが、これは最初は嶋崎さんが?

嶋崎 そうですね。もう15年前くらいになるかもしれませんが、渋谷さんと出会った頃に考えたものです。あの時、僕が秋田の川へ行って、その時に新作フライだってこれを見せて。ハックルはコック・デ・レオンで、ボディーに何もないパターンです。で、渋谷さんは「何ですかこれ。釣れなさそうですね」って(笑)。で、実際に投げてみました。僕もそれが初めてで、このハックルは空気抵抗あるじゃないですか。だから、フワッと落ちて流れたら……、一撃でヤマメが釣れたんです。お互い「マジで?」って感じでした

 

flyfisher photo こちらがオリジナル。ウイングポストとコック・デ・レオンのハックルのみ
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/6/28

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING