LOGIN

北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行

2019年6月3〜5日

レポート=杉浦雄三

朱鞠内湖のイトウ釣りが私たちの耳に届くようになってから時間がたったが、まだあまり知られていない釣りがあるという。
その未開拓で、エキサイティングな釣りにチャレンジした。



杉浦 雄三(すぎうら・ゆうぞう) 愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なう「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川、宮川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらって腕を磨いている
●TEAL www.teal-flyfishing.com/

初めてのフィールドへの遠征はいつも興奮と期待でいっぱいです

子供のころから描いてきた夢の魚、イトウ。

北海道にイトウだけをねらいに行くようになりもう15年。

今回はそんなイトウの湖での釣り。私にとっては初めてのフィールドだ。


初めての朱鞠内湖。広大な湖に島が点在しています

そんな私を今回サポートしてくれたのは帯広で「ラッキーフィールド」というフィッシングガイドをやっている吉原さん。私と年も近く朱鞠内湖のイトウ釣りも守備範囲。。


ガイドの吉原さんのボート。ここ朱鞠内湖ではエレキボートでのフィッシングが認められています

5月~6月上旬までの期間限定で朱鞠内湖をガイドしている彼が言うには、この時期だからこそ楽しめるイトウ釣りがあるとのこと。

2年ほどまえから、イトウをサイトフィッシングでねらっているというのだ。ただ、季節や時間帯など、まだ未開拓な部分が多いのも事実。

魚たちの習性を読み、それに合わせて釣りあげるための工夫を繰り返す。これはフライフィッシングの醍醐味のひとつ。こういう新たなチャレンジは大好物なので、二つ返事で釣行を決めた。


※この続きは月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2019/6/15

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年9月号 Mid Summer

特集
釣り旅東北

第2特集
ディープに踏み込む名手たちのフライ論

今号は日本のフライフィッシングの原風景ともいえる東北へ行ってきました!
秋田、岩手、山形、宮城、福島……。現地のフライフィッシャーにフィールドを案内していただきながら、ポイント選びのコツだけでなく、おすすめのスポットを紹介しています。
また、第2特集として、エキスパートのフライに対する考え方を伺いました。縦巻きハックル、ピーコックのコンプリートを使いこなすウエットフライ、経験をフライに反映するための考え方、ジョインテッドフライ、個性爆発のバスバグ、北海道のビッグドライなどを取り上げます。
好評連載、備前貢さんによる「オホーツク通信」は北海道産マテリアル、エゾジカ・ヘアについて熱く語ります!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING