LOGIN

北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行

2019年6月3〜5日

レポート=杉浦雄三

朱鞠内湖のイトウ釣りが私たちの耳に届くようになってから時間がたったが、まだあまり知られていない釣りがあるという。
その未開拓で、エキサイティングな釣りにチャレンジした。



杉浦 雄三(すぎうら・ゆうぞう) 愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なう「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川、宮川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらって腕を磨いている
●TEAL www.teal-flyfishing.com/

初めてのフィールドへの遠征はいつも興奮と期待でいっぱいです

子供のころから描いてきた夢の魚、イトウ。

北海道にイトウだけをねらいに行くようになりもう15年。

今回はそんなイトウの湖での釣り。私にとっては初めてのフィールドだ。


初めての朱鞠内湖。広大な湖に島が点在しています

そんな私を今回サポートしてくれたのは帯広で「ラッキーフィールド」というフィッシングガイドをやっている吉原さん。私と年も近く朱鞠内湖のイトウ釣りも守備範囲。。


ガイドの吉原さんのボート。ここ朱鞠内湖ではエレキボートでのフィッシングが認められています

5月~6月上旬までの期間限定で朱鞠内湖をガイドしている彼が言うには、この時期だからこそ楽しめるイトウ釣りがあるとのこと。

2年ほどまえから、イトウをサイトフィッシングでねらっているというのだ。ただ、季節や時間帯など、まだ未開拓な部分が多いのも事実。

魚たちの習性を読み、それに合わせて釣りあげるための工夫を繰り返す。これはフライフィッシングの醍醐味のひとつ。こういう新たなチャレンジは大好物なので、二つ返事で釣行を決めた。


※この続きは月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2019/6/15

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING