LOGIN
WILD LIFE

【4~5月】九頭竜サクラマス用フライ

九頭竜川のサクラマスねらいによいフライパターン4選

安田龍司=解説

 

後期:4月後半~5月のフライパターン

【No.1】

・フック……TMC784#8~10

・スレッド……ユニ8/0オリーブ

・テイル……メッツ・ヘンネック・ナチュラルブラック

・ボディー……ミラージュティンセル

・スレッド……ユニ8/0ブラック

・リブ……ピーコックソードの反対側のハール

・リブ……アリゾナシンセティックピーコック・ライト

・ハックル……メッツ・ヘンネック・ナチュラルブラック

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2023/1/24

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING