LOGIN

フライラインの最前線を語る

ラインでFFをもっと快適にできる

FlyFisher編集部=写真と文
フライフィッシャーNo.293「フライラインの最前線と少し未来のこと」(p 20-21に掲載)で、小誌のインタビューに応えてくれた、サイエンティフィックアングラーズのインターナショナル&OEMセールスマネージャー、ジェフ・ピアスさん。



誌面掲載しきれなかったトークを会員限定で公開します。


――「アンプリチュード」などはシリーズ、と呼べばよいのでしょうか?

そうですね。シリーズ、です。アンプリチュードは基本的にテクスチャードのシリーズです。ただ、テクスチャードを好まない人たちが一定数いるのも事実です。バハマのボーンフィッシュガイドの中にはテクスチャードの音は魚を散らす、と信じている人たちがいます。もしあなたが、テクスチャードラインを持って彼らのところへ行ったら怒鳴られますよ(笑)。でもそれは真実ではないですよね。

また、スムーズなクラシックラインに馴染んできた人たちの中には、私たちがアンプリチュードをローンチした時に「忘れ去られた」と感じた人もいたようです。ですから私たちは昨年アンプリチュードスムースをリリースしました。

それぞれのシリーズはどんな人でも使っていただけるように、価格帯によって分けています。多くの人が毎年高価なラインを何本も買うことはできないですから。コンシューマショーでの直接の質問や、電話やメールでも、本当にたくさんの問い合わせをいただいて、その対応に相当な時間を使っています。プロショップもすべての店員が詳しいわけではありませんからね……。

ですからカタログを充実させ、動画を作成して、できるだけスムーズに理解してもらえるように努力はしています。また、人の評判や名前だけで選ぶということではなく、どのような状況でどのような魚を釣るのか、といった使用状況からラインを選択するという方法がよいかもしれません。

ただし、たとえばウイスコンシンのマイナス20℃の気温下でパイクを釣るラインで、ハワイのボーンフィッシュは快適に釣れません。つまり、すべての状況をカバーできるフライラインはない、ということです。ですからこういう場合は、使う頻度が高いのは、ウイスコンシンかハワイかどちらなのか。そういう感じで絞っていけばよいのではないでしょうか。

日本だったら、多くの人がヤマメやイワナをねらっていて、ドライフライの使用頻度が高いと思います。それならばたとえばどんなロッドを使うのか、グラスなのかグラファイトなのか、バンブーなのか、といったことでもライン選択のヒントになると思います。

まぁそれでも、ユーザーのキャスティングスキルのレベルに応じて好みのラインが変わってくるはずです。だからティムコのカタログはこんなに分厚くなってしまうんです(笑)。そしてどんなレベルの人でも気に入る1本が、私たちのラインアップの中に必ずあるはずです。ユーザーがどういうことがやりたいかが明確にできれば、ラインを選択することがずっと簡単になると思います。

テーパー作りは製造工程の中でもっとも簡単なこと


――各ラインのテスト期間はどれくらいなのでしょうか?

実は、ラインのテーパーを作ることは難しいことではないんです。というより、ラインの製造工程の中では最も簡単なことでしょうね。この辺りをこれくらいの太さにしてくれ、というだけですから。本当に難しいのは素材なんです。耐久性はどのくらいか、滑りやすさはどれくらいかなどです。

※この続きは月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2019/11/5

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING