LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

フライフィッシング用偏光サングラス選び

偏光レンズの選び方とは? カラー別の特徴をまとめました

FlyFisher編集部=写真と文

※この記事はFLY FISHER No.206を再編集したものです

フライフィッシング用偏光サングラス選び

偏光レンズのカラーは、グレー、ブラウン、イエローの3色が基本となっており、これらをベースに各色の濃淡やミラーといったレンズコーティングを考慮して決めていくことになる。ただし色によって、その見やすさや見難さには個人差があるため、最終的には各人の好みの問題となるわけだが、レンズの色ごとに特徴があるのは事実である。これらを把握したうえで、使うフィールドの条件を当てはめ、自分にあったカラーを見つけるのが失敗しないレンズ選びとなる。基本となる3色をおおまかに分けると、太陽光の強い、明るい場所はグレー、反対に暗い場所ではイエロー、その中間がブラウンといったぐあいになる。使う釣り場が開けているのかどうか、それによって同じ色でも濃淡を使い分けることでより快適に釣りに集中できることになる。

自分に、あるいは自分の釣りに合った偏光サングラスを見つけるのは意外に骨が折れる作業といえる。ここでは杉浦雄三さんのセレクト法を例に出して紹介したい

 

 

杉浦雄三さん式偏光サングラスのセレクト法

まずはフレーム捜し。鼻、目、耳、顔のサイズは人それぞれ違うので、自分の顔に合った形状が見つかるまで、根気よくいろいろなタイプを試し続けることが重要になってくる。

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとFujisan(電子書籍を取り扱っているサイトです)へジャンプします。

FLY FISHER 2011年01月22日発売号

【特集】日本のフライフィッシングを知る3人へのインタビュー/見える

やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。


2023/10/31

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING