LOGIN
WILD LIFE

大西さんの管釣りのリトリーブの釣り

横だけでなく縦の動きも織り交ぜて誘う方法をご紹介します

解説=大西正彦 写真と文=Junichi Nakane

※この記事はFLY FISHER 2022年3月号 (2022-01-21)を再編集したものです

 

 

Profile 大西正彦(おおにし・まさひこ)

1967年生まれ、静岡県在中。管理釣り場はもちろんのこと、淡水全般から海の釣りまで、フライフィッシングをマルチに楽しむ。シンキングラインによる縦方向の誘いに重要な、水中のイメージを的確にとらえるテクニックは、長年の経験が大いに役立っている。

探るタナは変化させられる

flyfisher photo

通常はいくつくらいのタックルを使い分けていますか?

大西 3タックルです。5~6 番がメインになります。食い込みを里視するならば、軽量な5番も選択しますが、今日のように風が強いと影響を受けやすいので、6番が快適だと思います。

 

フルラインとシューティングヘッドを併用していますが、使い分けはありますか?

大西 釣り始めは足元で反応していた魚も、釣り場が混んでくると警戒して離れてしまうので、飛距離を重視するならばシューティングヘッドを使います。ウエイトフォワードを使うのはある程度一定の深度を保ってリトリーブしたい時や、手前をていねいに探る時です

 

フライラインのシンクレートを決める時の判断基準はありますか?

大西 視覚情報として魚が見えたりライズがあるならば、タイプ2で表層に近いところを探ります。まずタイプ2を基準にして、ノーカウント、カウントダウン5秒、10秒と試していきますが、距離やリトリーブする時間も加味しています。

 

flyfisher photo

リールに巻いた状態でセッティングされている各種シンキングライン

 

 

flyfisher photo

番手、シンクレートことに、シューティングワレットに整理されたシューティングヘッド

 

flyfisher photo

水を入れたラインバスケットは、ラインの滑りを滑らかにし、風で吹き流されるのを防ぐ

 

リトリーブする距離や時間と、ライン沈下速度の兼ね合いですね

大西 遠くに投げてカウントせずにリトリーブしても、引き始めに掛かれば上のタナですし、ゆっくり引いてきて手前で掛かるようならば、深いタナという判断になります。さらに細かく分けると、同じシンクレートでも番手によって沈む速度は変わりますし、サオの先端を水中に入れてと、上げてリトリーブするでは探っているタナが違うと思います

 

flyfisher photo

リトリーブは短く、長く、連続など、複数のパターンを織り交ぜながら探っていく。この写真は短いときのもの

 

flyfisher photo

長く

 

flyfisher photo

連続

 

タナが深いと判断した時点でシンクレートを変えますか?

大西 上のタナでアタリが続かなかったタイプ2で10秒以上のカウントダウンや、ラインが沈みきった手前でしか反応がなければ、タイプ3で中層から下のタナを探っていきます

 

季節や天候などの条件で、タナを見極める方法はありますか?

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとAmazonへジャンプします。

Fly Fisher(フライフィッシャー) 2022年3月号 (2022-01-21)

【特集1】ツーハンド・キャスティングを分かりたい

【特集2】超巨大フライ列伝!

多くのフライフィッシャーが混乱している、Dループを使うツーハンドのキャスティングにフォーカスしました。
スペイキャスト、アンダーハンド・キャスト、スカジットキャスト、止水のスペイキャストと大きく4つに分け、自身もフライフィッシャー・インターナショナルのマスター・ツーハンドキャスティングインストラクターの資格を持つ東知憲さんが、それぞれの名手にインタビューします。それぞれのスタイルの出自、対象フィールドと魚をイメージできれば、違いが理解しやすくなりそうです。第2特集は、全長20cmほどの巨大ストリーマーを紹介します。軽いものを遠くになげるという、フライフィッシングの成り立ちとは真逆をいく、ビッグ&ヘビーなフライのタイイングと考え方を紹介します。そして今号は第3特集まであります。管理釣り場エキスパート4名に密着しました。彼らに共通するのは、すべてにおいて「緻密」であること。魚釣りとしての技を紹介します。


2023/9/28

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING