LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

ビッグフライの魅力

ビッグフライにも早くから注目していた丸山拓馬さんに話を聞いた

解説=丸山拓馬 写真と文=編集部

※この記事はFLY FISHER 2022年3月号 (2022-01-21)を再編集したものです

 

 

Profile 丸山拓馬さん

栃木県在住。自宅近くの二級河川のコイ釣りから、東京湾のシーバス、九州のライギョ、ナマズ、果ては南米アマゾン川のピラルクーまで、ソルト&ウオームウオーターのさまざまな対象魚に挑戦している。1981年生まれ

 

 

flyfisher photo

いつ頃からビッグフライを使うようになりましたか。

丸山 よく覚えていませんが、10年以上前からトライしていたと思います。もともと私はルアーをやっていて、スイムベイトで、ラージマウスバスをねらっていた時期があり、そのアピール力と集魚力を目の当たりにしていました。それが忘れられず、フライでも大きなバスが釣れるのではないか?と期待して取り組み始めたのが最初です。

 

ビッグフライにこだわる理由を教えてください。

丸山 理由ではないかもしれませんが、ビッグフライ=ビッグフィッシュという期待と妄想が入り混じった気持ちがある限り続けるつもりです(笑)。あとは、ビッグフライで釣ると楽しいというのもあります。対象魚を限定せずさまざまな魚で試しているのも、可能性を考えただけでワクワクしてくるから。不思議な魅力があるジャンルだと思います。

 

ビッグフライの強みはどういう点だと思われますか。

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2023/10/27

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING