LOGIN
ささきつりぐ

“マシュマロ”をウイングにする発想

視認性が悪いものは使わないというあなたに捧げるフライです

天海崇=解説
マシュマロピューパの「マシュマロエクステンション」をウイングに採用。カディス、アント、ビートル、カメムシなど、水中に入るボディー部分を変えるだけでバリエーションは広がる

「エルクヘア・カディスは見えづらい」「パラシュートポストが年々太く長くなってきている」「CDC のナチュラルは視認性が悪いのでそもそも使わない」そんなあなたに捧げる、よく見え、よく浮く、新フライ。
《Profile》
天海崇(あまがい・たかし) 1973 年生まれ。栃木県佐野市在住。渓流や本流でのライズフィッシングやブラインドの釣り、またニンフを使った釣りも得意。北関東の渓を中心に、毎年北海道への遠征にも精力的。加賀フィッシングエリアでマネージャーを務める
この記事は2012年10月号に掲載されたものを再編集しています。

ほぼメンテナンスフリーの高い浮力

フックデザイナーでありプロタイヤーでもある島崎憲司郎さん考案の「マシュマロピューパ」(00’年)。このフライの一部を取り入れた新フライをここで紹介したい。マシュマロピューパの特徴はなんといってもエアロドライウィングを折り返してエクステンドボディーにした「マシュマロ・エクステンション」にある。紡錘形で質量があり、軽く、触れると壊れそうな柔らかさながらシルエットをきちんと保持する。
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。
この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとFujisan(電子書籍を取り扱っているサイトです)へジャンプします。

FLY FISHER 2012年10月号

やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。


2023/11/28

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING