LOGIN

“マシュマロ”をウイングにする発想

視認性と浮力の高い、バブルウイング・フライ

天海崇=解説
マシュマロピューパの「マシュマロエクステンション」をウイングに採用。カディス、アント、ビートル、カメムシなど、水中に入るボディー部分を変えるだけでバリエーションは広がる

「エルクヘア・カディスは見えづらい」「パラシュートポストが年々太く長くなってきている」「CDC のナチュラルは視認性が悪いのでそもそも使わない」そんなあなたに捧げる、よく見え、よく浮く、新フライ。
《Profile》
天海崇(あまがい・たかし) 1973 年生まれ。栃木県佐野市在住。渓流や本流でのライズフィッシングやブラインドの釣り、またニンフを使った釣りも得意。北関東の渓を中心に、毎年北海道への遠征にも精力的。加賀フィッシングエリアでマネージャーを務める
この記事は2012年10月号に掲載されたものを再編集しています。

ほぼメンテナンスフリーの高い浮力

フックデザイナーでありプロタイヤーでもある島崎憲司郎さん考案の「マシュマロピューパ」(00’年)。このフライの一部を取り入れた新フライをここで紹介したい。マシュマロピューパの特徴はなんといってもエアロドライウィングを折り返してエクステンドボディーにした「マシュマロ・エクステンション」にある。紡錘形で質量があり、軽く、触れると壊れそうな柔らかさながらシルエットをきちんと保持する。


このフライのヘビーユーザーであった栃木県在住の天海崇さんは、ある時、毎年足を伸ばしている北海道遠征用にオリジナルフライを1本巻いてみようと思い立つ。そして考えたのが、マシュマロピューパをアレンジした大型ニジマス用のビッグ・ドライフライであった。

彼は「マシュマロ・エクステンション」をボディーではなくウイングに用いたのだ。一言で言ってしまえばそれだけのこと。しかし、このちょっとした応用が、実は予想以上の効果をもたらした。想定外だったのは魚からの反応だけでなく、視認性がとてもよいこと、それに非常に投げやすい点であった。北海道の川では惜しくもバラしてしまったが、60cmを超える大型レインボーに口を使わせることにも成功。

遠征から帰宅した天海さんはさっそく渓流用にリサイズした14番のフライを使って各地の渓流で実釣を重ねていった。マシュマロ・エクステンションをウイングに仕立てたフライは、水面を流れる泡のように見えることから、バブルウイングと名付けて小さな改良を重ねる。バブルウイングはカディス、アント、ビートル、ホッパー、スパイダーといったようにウイングの下部分を変えるだけでバリエーションを広げることができる。そのほかフェザントテイルにすれば、ストーンフライのフローティングニンフや、メイフライのイマージャーとしても活用できる。

がっぽりと咥えられたバブルウイング・カディス。イワナは吸い込むように口にした

また、2番ロッドで18フィート前後のリーダー&ティペットのシステムでも問題なくキャストできることから、ロングティペットのリーダーシステムでも投射性において問題はない。これまでに好反応を示した魚はイワナ、ヤマメ、アマゴ、ニジマス、である。特に効果が高かったのは魚というよりもシチュエーションのほうで、人的プレッシャーの高い河川では反応の違いが顕著によくなったというのが天海さんのこれまでの印象だ。

先行者がいるような状況はむしろ好都合

「このフライはウイングが大きいためか、風や波の影響を受けて揺れながら流れます。もちろん水面下のボディーもそれに合わせて細かく揺れているわけですが、そのせいなのかどうかは分かりませんが、パラシュートでは出なかった場所でも反応を得ることがあるんです。また反応のよさに加えて非常に見やすいので、フライが見づらいなぁ、なんて普段から思っている人、あるいはそういったシチュエーションではぜひとも試してもらいたいです」

浮力も非常に高いため、ラフな水面でも効果的に使える。またそれだけでなく、反対にフラットな場面でも実績があるという。つまり使う場所を選ばないフライでもあるのだ。

ウイングは別に量産しておき、水中にぶら下がるボディー部分をお好みのものに合わせるだけ。ウイングのカラーは個人によって見やすさが異なるため、ワンポイントやツートン、着色など、方法も含めていろいろ試せる

上に並べたのは天海さんが実際に巻いたフライ群。見た目ほど魚には警戒心を与えないようで、少なくともこれまでにウイングの存在がマイナスになったと思える場面はないという。そして天海さんは、ウイングのカラーにエアロドライウィングのグレーやピンク、オレンジ、ブラック、グリーンをパターンや好みに応じて使いわけているが、なかでも特に見やすくて反応がよいと感じているのが、タンである。これを天海さんはスタンダードカラーにしている。そのほかホワイトを使ってフライトーンなどで後から着色するのもありかもしれない。

見やすい、釣れる、沈まない、といいこと尽くめのようだが、もちろん弱点もある。ヒットした魚の歯にウイングが絡み、ハリを外す際にエアロドライウィングが解れてウイングの形状が崩れてしまう点だ。これらを防ぐにはフックを外す際にフォーセップを用いることや、フックのバーブを予め潰しておくか、バーブレスにするのがよい。そのほうがフライも魚もダメージが少ないはずだ。最近はバブルウイングにラバーレッグを留めただけのスパイダーが絶好調だと話す天海さん。ラバーレッグはできるだけ細くて切れにくいものがオススメだ。

バブルウイングを作る

バブルウイングはある程度の数をまとめて作っておくのがよい。あとは好みのボディーとフィッティングするだけの簡単タイイングだ。ここで紹介するウイングのサイズは#14のTМC531、#13のTМC102Y、112Y、212Yに合わせたもの。そのほかのフックサイズに合わせる際は、適宜調整が必要だ。

バブルウイングを作るのに必要な材料
●エアロドライウイング各色
●フロータント(パウダータイプ)
●ナイロンモノフィラ2号
●タイイング用のティーザーやブラシ
●ヘッドセメント


1 エアロドライウィング1本(4束ぶん)を切り出す。型紙の片面ぶんの長さをカット

2 モノフィラナイロン2号を20㎝ほど切り出し、エアロドライウィングの真ん中をダブルクリンチノットで縛る

3 モノフィラで縛ったところを支点にエアロドライウィングを2つに折り返す

4 折り返したエアロドライウィングをブラシで梳いてひとつにまとめる

5 粉状のフロータントを1つにまとめたエアロドライウィングにまぶし、指でしっかり刷り込む。するとゴワゴワになってボリューム感が出しやすくなる


6 再度エアロドライウィングをブラシで梳いてモノフィラの短い側をカットしたらウイングの完成。これをフライに巻き留める際はウイングの長さを合わせて折り返した際の隙間が上下にくるようにしてスレッドでしっかり固定。次にモノフィラを引っ張ってウイングのカタチを整え、モノフィラをカットし、そこにヘッドセメントを垂らして完成

使い始めはフライが横倒しになることもあるため、あらかじめボディーを濡らし、フロータントはウイングのみに塗布する。それでも心配な人は、タイイング時にボディーが若干重くなるよう、ファインワイヤなどを使用しておく

2019/8/20

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年9月号 Mid Summer

特集
釣り旅東北

第2特集
ディープに踏み込む名手たちのフライ論

今号は日本のフライフィッシングの原風景ともいえる東北へ行ってきました!
秋田、岩手、山形、宮城、福島……。現地のフライフィッシャーにフィールドを案内していただきながら、ポイント選びのコツだけでなく、おすすめのスポットを紹介しています。
また、第2特集として、エキスパートのフライに対する考え方を伺いました。縦巻きハックル、ピーコックのコンプリートを使いこなすウエットフライ、経験をフライに反映するための考え方、ジョインテッドフライ、個性爆発のバスバグ、北海道のビッグドライなどを取り上げます。
好評連載、備前貢さんによる「オホーツク通信」は北海道産マテリアル、エゾジカ・ヘアについて熱く語ります!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING