LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

Local Flies 02:北海道の海アメ、海サクラ用フライ

杉坂研治さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
北海道から沖縄まで、46名の271本を紹介。
この記事は2020年春号を再編集したものです。
杉坂研治(すぎさか・けんじ)
愛知県在住。北海道の海アメ、海サクラのフライフィッシングに早くから注目し、毎年通い続けて実績を出しているエキスパート。KenCube代表

フラッシュクリル



 フラットな水面でライズリングが見えたときや、サケ稚魚が少ない時期、サケ稚魚フライにスレていると思われるときに使用するフライ。サーモウェブの硬さと輝き、さらにコックデレオンの輝きをプラスして、存在感をアピールする。2019年もこのパターンでアメマスとサクラマス両方キャッチした。


・フック……ケンキューブTP-S301 #6~8
・スレッド……ベネッキ・ブラック
・テイル……サーモウェブ #15 TAN
・リブ……ゴールドワイヤ
・ボディー……サーモウェブ #15 TAN
・ボディーハックル……コック・デ・レオン
・ハックル……パートリッジ


クリアーボディーFRY



 アメマスは目も頭もよく、1パターンのフライだと記憶されてしまうので、シルバーでスレてきたと感じたら、透明感をアピールするクリアーを使用する。このパターンは過去に何度も大ものを釣りあげてきたパターン。


・フック……ケンキューブTP-S301 #6~8
・スレッド……ベネッキ・ホワイト
・テイル……アイスチューブS
・ボディー……シルバーティンセル、アイスチューブS、スードゥーマラブー・オリーブ、ケンキューブフライタイイングUVグルーTHICK
・アイ……ケンキューブ3Dアイ 3mm
・マスク……シルバーセロハンテープ


※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/5/13

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING