LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

Local Flies48:ナマズ・ライギョ・コイ・オイカワ 用フライ

田口嘉昭さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真 田口嘉昭= フライタイヤー

チョコエッグ

 
 

流れの緩く浅いポイントでボトムを漁るコイやニゴイをサイトフィッシングでねらうのに使用する。水面下が見づらい場合にはインジケーターをセットして使うこともある。基本はナチュラルフォール&ドリフト。わずかにラインを引いてゆっくりとフライを浮き上がらせることで魚の捕食スイッチが入ることも多い。

 
 

・フック……がまかつC12-3HBVまたはC12-B #14

・スレッド……ユニスレッド6/0各色

・ボディー……エッグヤーン・ブラウン

※ノーウエイトからレッドワイヤを少量巻いたものまで用意)

 
 
 

もふもふフロッグ

 
 

ナマズのサイトフィッシングに使用。ボディーを水で湿らせておくと、着水後にフライがゆっくり沈むようになる。ラインを弾くようにリトリーブすると、水中では軽くダートアクションする。魚に対してやや離した位置に着水させ、静かに魚の目の前に誘導してから、フライをアクションせることで、警戒心の強い魚にも捕食スイッチを入れる。

 
 

・フック……ダイイチ2461 #1/0

・スレッド……ユニスレッド6/0各色

・レッグ……ゾンカーテープ幅2.5mm・チャートリュース

・ボディー:エッグヤーン・チャートリュース、グリーン

・アイ……ドールアイ

・ウイードガード……フロロカーボン10号

※エポキシでアイを接着し、さらにヘッドとボディー腹面だけスーパーセメダインXクリアを塗って固める
 
 
 

ライナマダイバーバグ

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/11/11

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING