LOGIN
GOOSE FACTOR

Local Flies47:シーバス・バス・コイ 用フライ

稲見一郎さんの5本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真 中根淳一= フライタイヤー

EP フローティングミノー

 
 

シーバスのフローティングミノーの釣りはエキサイティングで好きだけれど、フライがワンパターンで代わり映えしないので、いろいろとお試し中。ネットに記載されるフライを参考にしながらいくつかを組み合わせて巻いたものがコレ。ヘッドの浮力だけで揺らぐテイルが艶かしい。フォームは浮力が強く軟かいエバゾートフォームを使用している。

 
 

・フック……がまかつ SC15 #2/0

・ウイング……アイスウイングファイバー・ベイトフィッシュミックス+EPスパークル コパー、EPファイバー・イールグリーン+ EPファイバー・ポーラーベア

・インナーフォーム……エバゾートフォーム

・アイ……EPプラスティックアイ

 
 
 

シンセティックマウス

 
 

EPフローティングミノーを作っている最中に考えた副産物パターン。もっと可愛くするために耳をつけようと思ったが、このままでも愛らしくシンプルでよい感じなのでやめといた。巻いている最中に思い浮かべることは、ランカーバスが吸い込むシチュエーションと、この引き波を追うイトウの姿。釣りをする前に妄想だけで楽しめるフライ。

 
 

・フック……TMC8089 #2

・テイル……ゾンカーストリップ

・ウイング……EPファイバー・グレー+ EP ファイバー・ポーラーベア

・インナーフォーム……エバゾートフォーム

・アイ……EPプラスティックアイ

 
 
 

マレットヘッド ストリーマー

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/11/10

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING