LOGIN
アカサカ釣具

Local Flies46:シーバス・クロダイ・シイラ・ボーンフィッシュ・バス用フライ

中根淳一さんの8本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真 中根淳一= フライタイヤー

スポンジヘッド・ミノー

 
 

シーバスねらいによいフライだ。イナッコ(ボラの幼魚)など、円筒形もしくは扁平のシルエットを再現しているパターン。ウイングの素材はフックサイズに合わせた回数で、すべてリバースタイ(逆方向に留め折り返す)。写真のバリバス2600ST-V#4フックで3回巻き留めているが、慣れるまではシャンクにマーカーで目印を付けておくと均等に巻きやすい。

 
 

・フック……バリバス2600ST-VもしくはがまかつSC15(サイズは対象魚に合わせる)

・スレッド……ダンビルモノ ウルトラファイン・クリア

・ウイング……EPファイバー各色、EPフラッシュもしくはエンジェルヘア各色

・アイ……エポキシアイ各色(フックサイズに合わせる)

 
 
 

クラフトファー・ホローミノー

 
 

シーバスねらいによいフライだ。ボブ・ポポヴィクス氏の「ホローフライ」や、スティーブ・ファーラー氏の「ホローセンパー」を手本として、バックテイルのかわりにクラフトファーを使用。軟らかいファーをリバースタイで、ボリュームのあるシルエットを作り出した。カラーやサイズなどはターゲット別に選ぶとよいと思う。

 
 

・フック……がまかつSC15(サイズは対象魚に合わせる)

・スレッド……ユニ6/0・ホワイトもしくはダンビル フライマスタープラス・ホワイト

・テイル……ポーラーフラッシュ・パール

・ウイング……クラフトファー・ホライトほか各色、アイスダブ各色

・アイ……エポキシアイ各色(フックサイズに合わせる)

 
 
 

クラフトファー・デシーバー

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/11/9

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING