LOGIN
Little Bell

Local Flies45:海外の人気魚種用フライ

トラウトアンドキングの夷谷元宏さんと青木 剛さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
トラウトアンドキング

FlyFisher本誌でもおなじみの海外釣行専門の旅行会社、トラウトアンドキングの夷谷元宏さんと青木 剛さんに、海外の人気魚種用のフライを紹介してもらった

ドラードストリーマー

 
 

アルゼンチン・イソロ湿原にゴールデンドラードを釣りに行った時のフライパターン。獰猛そうな見かけとは異なり、流心の脇に定位していて、シンクティップラインで流心をスイングさせて釣る。フライは流れの中での存在感が重要で、水流れを受けるヘッド形状とシルエットがはっきり出るカラーリングが効果的

 
 

・フック……TMC811S #1/0

・スレッド……ユニスレッドBigFly・ブラック

・ボディー……クラフトファー・レッド

・ウイング……ブラックハックル、フラッシャブー・ティンセルフラッシュ・ブルー、ゴールド、クリスタルフラッシュ・ゴールド、バックテイル・ブラック

・アイ……3Dアイ(6mm)

 
 
 

ウェイパクラウザー・ホワイト

 
 

オーストラリア・ケープヨークの西海岸に位置するソルトウオーターFFのパラダイス、ウェイパ。そこでの必携フライは白のクラウザーミノー。パターン的にはシンプルだが、カラーが重要で、これさえあればほかはいらないと言っても過言ではない。白いフライだが、光沢の有無や透明感の有無でメリハリを付けてある

 
 

・フック……TMC811S #1/0

・スレッド……ヴィーヴァスF02 6/0・ホワイト

・ボディー……バックテイル・ホワイト

・ウイング……SR HANKED LITE-BRITE・パールブルー、クリスタルフラッシュ、グリズリーハックル

・アイ……ダンベルアイ3/16・シルバー

 
 
 

レッドフィッシュ ソルトウォーター・ガーグラー

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/11/7

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING