LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

Local Flies39:紀伊半島のフライ

吹揚孝司さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
吹揚孝司(ふきあげ・たかし)

和歌山県在住。地元である紀伊半島の渓流からソルトまでカバーする一方、北海道や米国モンタナ遠征など、幅広く楽しむ。フライショップペスカドール代表

ドリフトビートル

 
 

梅雨があけると夏の渇水時期が始まる。水温が上昇してしまう時期においては、水面への反応が極端に悪くなる。そんな時でも極小のマーカーを用いて、水面直下をビートルやアントパターンを漂わすことにより、夏季でも多少なりとも渓魚の反応を引き出せる

 
 

・フック……TMC2488  #14(各サイズ)

・スレッド……8/0・ブラック

・タグ……フラッシャブーミラージュ

・リブ……ラガータンコパーワイヤ(ファイン)

・ボディー……ピーコックハール(2、3本をよじる)

・ハックル……クート

 
 
 

アダムスパラシュート

 
 

春先の釣り上がりから5月頃まで多用する。各サイズそろえることで、複数のメイフライに対応できる。使う際には自分はスプレー系フロータントを使うことが多いが、リキッド、パウダー系との相性もよい。何にでも使える(見える)いわゆる多用途なドライフライの代表格

 
 

・フック……TMC112Y  #15(各サイズ)

・スレッド……8/0・グレー

・テイル……コック・デ・レオン・テイリングパック・各色

・ボディー……トラウトハンタープロフェッショナルダビング・アダムスグレー

・ポスト……エアロドライウィング・各色

・ハックル……ホワイティングコックネック・グリズリー、ブラウンのミックス

 
 
 

クロダイマーキン

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/10/26

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING