LOGIN
Little Bell

Local Flies36:関西のウオームウオーター用フライ

筒井裕作さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
筒井裕作(つつい・ゆうさく)

大阪府在住。国内外の、特に淡水のウオームウオーターとソルトウオーターに明るい。キャスティングインストラクターとしても、レッスンを行なっている。フライショップ・ドラグフリー代表

トレイター/ ハックル

 
 

シンセティックや獣毛に比べるとハックル類は嵩張らずにタイイングでき、オフセットフックとの相性がよい。このパターンはフックポイントのカバーとウイードガードの役目、そしてリトリーブ時に水中での抵抗を出すためにV-ディスク(ドラグフリーオリジナル)を使っている。このマテリアルは各種のアイを付けるのにもスペースを確保できて便利だ

 
 

・フック……オフセットフック #2~#6

・スレッド……3/0各色

・ウイング……コックネックハックル、フラッシャブー

・ヘッド……V-ディスク

・アイ……ベンダブル3Dアイ

 
 
 

YP ポッパー/ サイドハックル

 
 

中空で軽量、空気が抜けるので、サイズとポッピング量に比べキャスティングがめちゃラク。以前のパターンから改良して、前面の開口部には太めのモノフィラメントを使って安定したポッピングと強度不足を補っている。バスだけでなく ライギョ、特に東南アジアのトーマンにはとても効果的だった。サイズを変えてやるとソルトウオーターにも抜群!

 
 

・フック……ロングシャンクストリーマーフック#2~6

・スレッド……3/0各色

・ボディー…… YPフォーム、コックネック・各色

・アイ……ベンダブル3Dアイ

 
 
 

きんぎょさん

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/10/19

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING