LOGIN
WILD LIFE

Local Flies34:クラシックなドライフライ

新藤忠伸さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
稲田秀彦(いなだ・ひでひこ)

長野県在住。信州の川を中心に、本流から源流まで幅広いフィールドで釣りを楽しむ。ホームグランドは犀川水系および高原川水系。今回はウエットフライを中心に選んでもらったが、ドライフライ、ニンフも得意

ワイルドキャナリー

 
 

メイフライの時期に、パイロットフライとしてよく使用する。アップアイに巻くことが多いパターンで、使用時にはティペットはアイとハックルの中央を通って、ハックルのすぐ後ろ(ボディー)に結ぶとひっくり返りにくい。最盛期の渓流でドリフトするようすは、まさにカゲロウ……。釣果も裏切らないパターンのひとつだ

 
 

・フック……サワダDU2/DU3 #10~16

・スレッド……12/0・クリーム

・テイル……ライトジンジャーハックルファイバー

A

・ボディー……ライトR.I.Rハックルストーク

・ウイング……ライトジンジャーハックルティップをスペントに結ぶ

・ハックル……ライトジンジャー

 
 
 

ファイブハックルメイフライ新藤バージョン

 
 

ファイブハックルフライは、フックサイズの5倍の長さで巻くことから名付けられたパターンだが、それを私なりにアレンジしたものがこれ。タイイングのポイントは、ハックルとテイルはフックシャンクの2倍以上の長さでパラッと巻くこと。実釣ではパウダーフロータントをたっぷり施し、水面に乗っかるように流すと効果的。特にライズしている魚や、パイロットフライを見切られた時に出番が多い

 
 

・フック……TMC206BL #14~18

・スレッド……12/0・ブラック

・テイル…… ジンジャーバリアントもしくはハニーグリッズル ハックルファイバー

・ボディー……ナチュラルブラックハックルストーク

・ウイング……ダッククイルをアップライトに結ぶ

・ハックル……ジンジャーバリアントもしくはハニーグリッズルを2倍以上の長さで巻く

 
 
 

ブラックバット

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/10/11

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING