LOGIN
アカサカ釣具

Local Flies29:中部の本流用フライ

浅妻 勝さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
浅妻 勝(あさづま・まさる)

新潟県在住。新潟、山形、福島エリアの渓流に詳しく、夏場には源流域にも足を運ぶ。「釣れた」ではなく「釣った」と思いたいと、テクニックを追求している

スペントカディス

 
 

もっとも使用頻度が高いのは荒れた堰堤下。堰堤下のプールは多くの人が粘る傾向にあり、必然的に魚はシビアになる。こういった状況ではCDCパターンを使いたくなるが、堰堤下は水面が荒れていることが多く、魚がフライを見つけるのが難しい。しかし水面に張り付くように浮くスベントパターンなら見つけてくれるはず、と思って使ったら大当たり!以来、堰堤下の頼れる1本になった

 
 

・フック……バリバスIWI F-2000 #16

・スレッド……ヴィーヴァス16/0・A10

・アブドメン……ストレッチボディレース 03など

・サイドウイング……エアロドライウィング・キャメル

・センターウイング……CDC・ブラウン

・ソラックス……スーパーファインダビング・マーチブラウン

 
 
 

コンドルパラシュート

 
 

私のパイロットフライでおそらく7割がたはこのパターンを使用。小さな羽虫から大型の毛虫までをイメージして巻いている。個人的な好みだが、水生昆虫のアダルトやフローティングニンフを意識する際はF2000でナチュラルカラーに仕上げ、テレストリアルを意識する場合はT2000でブラックやオレンジやチャートリュースを混ぜて仕上げている

 
 

・フック……バリバスIWI F-2000もしくはIWIT2000 各サイズ

・スレッド……ヴィーヴァス14/0(ボディーカラー類似色)

・ウイング……エアロドライウィング各色

・ボディー……コンドルクイル(セカンダリー)各色

・ハックル……コックネック・グリズリーダイドダンもしくはクリーもしくはシャンパン

 
 
 

デカカディス

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/9/2

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING