LOGIN
Bibury Court

Local Flies28:中部の本流用フライ

高橋 健さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
高橋 健(たかはし・たけし)

東京都在住。TEAL代表の杉浦雄三さんを師と仰ぐ、フライフィッシャー。シーズン中は中部エリアで本流のウエット、ストリーマーの釣りを中心に楽しむ

ツイストピーコック・ブラックオリーブ

 
 

解禁当初や増水時に必ず結ぶフライ。状況によってはリード・ドロッパー両方に結ぶこともある。誘いを入れ、送り込んだ時にヒットすることが多いのでフッキング率がとてもよい

 
 

・フック……バリバス2410 #6

・スレッド……8/0・ブラック

・テイル……ピーコックソード

・リブ……オーバルティンセル・シルバー

・ボディー……クレイジーダブ・ピーコック

・アンダーウイング……ゾンカー・オリーブ

・ウイング……スペイコック・ブラック

・ヘッド……タングステンビーズ・ブラック、ブラウン

 
 
 

スモールセッジ

 
 

春先、小型セッジがハッチしている状況で、ツイストピーコックをドロッパーに、このフライをリードフライとしてよく結ぶ。ナチュラルに流すよりも積極的にアクションをつけて流すほうが反応がよい。また、真夏にこのフライをリード、ブラックアレキーをドロッパーに結んで、テレストリアルパターンとしても使用している

 
 

・フック……バリバス2410 #10~12

・スレッド……8/0・ブラック

・タグ……フラットティンセル・シルバー

・リブ……オーバルティンセル・シルバー

・ボディー……クレイジーダブ・オリーブピーコック

・ウイング……ブラックピーコック

・ハックル……ヘンフェザント

 
 
 

マドラーブラック

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/8/31

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING