LOGIN
GOOSE FACTOR

Local Flies22:神奈川県のソルト用フライ

佐古啓樹さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
佐古啓樹(さこ・ひろき)

神奈川県在住。以前は山梨県の忍野へ足しげく通っていたが、ここ10年ほど身近なソルトウオーターFFに傾倒。忍野仕込みの観察力を武器に、横浜港周辺や多摩川河口で日夜ロッドを振る

クレイジーチャーリー

 

 

メバル用に使っているが、語るまでもないソルトの万能フライ。スロー、リフト&フォール、速引き、あるいはウエットフライのようなスイングで使ってもよい。経験上、カラーはタンが抜群に効くことがある。シルバーのチェーンボールアイは夜間に見る本物のエビの目玉とそっくりだと思う。写真のカラーのほかにもサイズやダンベルアイ、ヘアの色などを変えて、数種類用意しておくといいだろう。

 
 

・フック……がまかつ カン付波止鈎 3号

・スレッド……ヴィーヴァス GSP 150D・ホワイト

・アイ……チェーンボールアイ

・テイル&ボディー&ウイング……カーフテイル・タン

※ヘッド部をコピックで着色

 
 
 

ガーグラー桜バチ

 

 

横浜港周辺でソメイヨシノが咲く頃、引き波を立てて泳ぐバチを捕食しているシーバス用。ヘッドは小さめにカット。本物のバチの引き波は鋭角で、角度が重要。バチを捕食する際、真下から吸い込んでいる(その際、バチは折れ曲がる)ような気がしているので、シャンクを曲げ、フックポイントを下げ、なおかつ前に位置をずらしてフッキング率アップをねらっている

 
 

・フック……ダイワ タチウオフック #2

・スレッド……ヴィーヴァス GSP 150D・ホワイト

・テイル……ゼブラゾンカー・オレンジもしくはブラック

・ボディー……マルチベルベ(メルティファイバーなど)・オレンジもしくはブラック

・オーバーボディー……フォーム材(2~3mmを貼り合わせたもの)

 
 
 

エクステンドシェニールミノー

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/8/15

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING