LOGIN
Bibury Court

Local Flies08:東北の渓流用ドライフライ-02

岡本哲也さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
岡本哲也(おかもと・てつや)
東京都在住。シーズン中は青森、秋田、岩手、山形県の渓流を釣り歩く。がまかつフィールドテスターを務め、今回は定番パターンをがまかつの新フックに巻き直したフライを紹介してくれた。


テレストリアル・ソラックス



 エクステンドピーコックボディーは6~8本のピーコックハールを束ね、真ん中付近をエアロドライウィング(黒)で結んで二つ折りにすることで、スリムなボディーができる。わずかなレッグとピーコックの怪しいきらめきが渓魚たちを魅了する。


・フック……がまかつR17-3FT #8~12
・スレッド……ヴィーヴァス14/0・ブラック
・ボディー……ピーコックハール
・ポスト……エアロドライウィング
・レッグ……コック・デ・レオン


P・カディス B・P(ピーコック・ボール・パラシ



 渓流シーズン開始直後から終盤まで、どんな時でもターゲットを選ばない万能フライ。サイズ的には#12~18まで。スレッからしのためにキールタイプも用意しておきたい。真夏の渇水時のプールなどで、クルージングしながらライズするヤマメねらいには、小型のキールタイプが特によい。


・ポスト……エアロドライウィング
・ハックル……グリズリーコックネック
・フック……がまかつR17-3FT #8~12
※がまかつC15-Bがあれば、そちらで巻いてもよい
・スレッド……ヴィーヴァス14/0・ブラック
・ボディー&ソラックス……ピーコックハール


カディス



 釣り人が一切操作しないナチュラルドリフト中でも、水流にもまれることでわずかなハックルが動き、虫っぽくリアルに誘う。これが魚の目にはかなり魅力的に映るらしく、よい思いを何度もできた。魚目線で考えたフライ。


・フック……がまかつB11-B #12~18
・スレッド……ヴィーヴァス14/0・ブラック
・ボディー……ピーコックハール
・レッグ……コック・デ・レオン
・ウイング……CDC、エルクヘア


※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。















































2022/5/25

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING