LOGIN
アカサカ釣具

入力の順序でループは変わる

身体の部位ごとに確認するキャステイング

加藤力=解説

《Profile》
加藤力(かとう・つとむ)
1971年生まれ。愛知県名古屋市在住。同市で「フライフィッシングショップ加藤毛ばり店」を営む。FFF公認キャスティングインストラクター。まずループのメカニズムをしっかり理解してもらってから実践に挑む、段階を追ったレッスンに定評がある
●フライフィッシングショップ 加藤毛ばり店 http://www.katokebari.com/
この記事は2012年10月号に掲載されたものを再編集しています。

身体の部分ごとに動きを見直すことによって、修正箇所を判断する


きれいなループを作るために、より遠くへ飛ばすために、自分のフライキャスティングを見直したい。しかし、まずどこから手をつけてよいのか分からないといった人は意外に多いのではないだろうか? そんな時、たとえばキャスティングに必要な、リスト、肘、肩、など個々の部分の動かし方を段階的に見ていくと、修正箇所はぐっと分かりやすくなる。

DVDなどでインストラクターのフォームを見て、上手なキャスティングの全体像を掴むのもよいが、自分の癖を矯正したい場合には、パーツごとに見直してみるのも大切だ。

名古屋市でプロショップを営む加藤力さんは、スクールでビギナーにキャスティングを教える際、ロッドを振るために最小限の動きとなるリストを使ったキャストからスタートするという。

加藤さんがまず頭に入れておいてほしいと話すのは、ロッドティップから出るラインの長さに合わせて、身体の動きを変化させるように意識するということ。出ているラインが短い時はほとんどストロークを取らずに、手首(リスト)を中心に動かしてロッドを振るだけで充分。

しかしラインが長くなり、リストで振ることが限界になると、よりストロークをとるために腕全体を使う必要が出てくる。そして、さらに空中に保持するラインが長くなったら腰の回転と体重移動を行ない、最終的にはダブルホールも利用する。

このようにロングキャストになるほど、身体のさまざまな部分を駆使してラインに力を伝えることが必要になってくる。下の①~④の写真は、徐々にラインを長くした場合のフォームの違いで、飛ばしたい距離が長くなるほど、身体の多くの部位を動かしていることが分かる。その際に注目したいのが、ロッドを持つ腕1本の中でも、力を入れる順番を意識するということ。基本的には、肩、肘、リストの順に、リストに遠いところから順に動かすように心掛ける。腕の関節の中でも最もスピードを与えられるリストを最後に使ったほうが、ロッドをスムーズに加速させやすいからだ。

リストは身体の中で最もコンパクトにスピードをつけてロッドを曲げることができる部分なので、渓流域で手前のポイントをねらう時のように、手首を正しく使うだけでも充分にコントロールされたキャストができる

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/2/16

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING