LOGIN
WILD LIFE

イワナ釣りのコツ|嶋崎了さんの解説

「イワナ釣りのコツ、教えてください」と様々な地域に住んでいる名手たちに聞いた。ここでは嶋崎了さんの解説を掲載します

文と写真=嶋崎了
Profile 嶋崎了(しまざき・りょう)

1965年生まれ。東京都在住。フライ歴42年

 

流れの中から釣れる川もある

flyfisher photo

すっかり出番が多くなったべんじょあぶ

 

flyfisher photo

これが「ドンタコス」。テイル用として売られているものをハックリングしてあり、直径が約7cmというモンスターサイズ。これで流れの中からイワナを誘い出す

 

flyfisher photo

こちらが「クモ」。これでもハックルの直径は5cmほどあるが、ドンタコスを見たあとでは、かなりおとなしく感じる

 

ヤマメとイワナを比較したとき、まず思い浮かぶのは、イワナはどこにでもいる、ということ。僕は釣り以外にクワガタも趣味としているのだが、はじめのうちは釣り場のそばで採集していたのが、それがそのうち逆転して、クワガタが取れる場所の近くで釣りをするようになってしまった。そんなことを8年くらいやっているうちに、ヤマメよりもイワナを多く釣っていることに気づいた。僕が好きなオオクワガタとイワナの生息域が重なるということもあるが、特に東北だと、ヤマメはねらって釣行しないと釣れないな、ということを実感したのだ。

多くの方が感じていることだと思うが、イワナはいろんなポイントにいる。僕の場合、最初のうちは可能性があるところすべてにフライを落としていって、その日の兆候を掴むことにしている。これを意識的にやっていると、釣れた場所によってその日のコンディションがなんとなくわかるようになってくる。これはコンディション、というよりもほかの釣り人との関係、といったほうが正確かもしれない。たとえば肩で釣れないとき、巻き返しで魚が浮いていないときなどは大きな判断材料になる。

イワナ釣りでは、最低5秒はナチュラルに流すことに気をつけていて、ドリフト時間が長いほど釣れる気がしている。昔「群馬の3分待ち」という技があって、ドライフライを水面に3分置いておくと、食ってくるということがあった。向こうがフライを見つけてくれるまで待っということなのだと思う。5分待って釣れたことも実際にあった。

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher 2023年 Early Summer

【特集】イワナ、という宝

イワナ。日本でもっとも人気のあるターゲットのひとつであることはいうまでもありません。この愛すべき魚は、思いのほかさまざまな渓流に生息しており、おおらかなようでいて、そのくせしっかり釣ろうとすれば高度なテクニックを要求してきます。さらに彼らの模様や表情には、エゾイワナ、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギと一般的に分けられている4亜種の枠には収まりきれない、「多様すぎる」といえるほどのバリエーションがあります。今号では全国のフライフィッシャーに呼びかけ、膨大なイワナの写真をご提供いただいた「岩魚曼荼羅」をはじめ、佐藤成史さんによる解説、エキスパートに聞くイワナ釣りのコツや魅力など、「イワナさん、日本にいてくれてありがとう!」と思える企画を詰め込みました。


2023/5/26

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING