LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

イワナ釣りのコツ|伏見邦由さんの解説

「イワナ釣りのコツ、教えてください」と様々な地域に住んでいる名手たちに聞いた。ここでは伏見邦由さんの解説を掲載します

文と写真=伏見邦由
Profile 伏見邦由(ふしみ·くによし)

1958 年生まれ。福島県在住。フライ歴43 年

 

ほかの釣り人を意識する

flyfisher photo

川に張り出した枝や草の下には落ちた陸生昆虫を待っている奴がいるのでは?瀬尻、渕尻でゆらゆら泳いでいるのではないか?流れが巻いているところには楽してエサを食べてる大ものがいるのではないか?岩や石ギリギリで滑り落ちる陸生昆虫や流れてくる水生昆虫を待ってる自覚の強い奴がいるのではないか?と思うと、大変楽しい。どうキャストする?と思うとさらに楽しい。リーチをかけるか?スラックを入れるか?直線にキャストするか?とか。

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher 2023年 Early Summer

【特集】イワナ、という宝

イワナ。日本でもっとも人気のあるターゲットのひとつであることはいうまでもありません。この愛すべき魚は、思いのほかさまざまな渓流に生息しており、おおらかなようでいて、そのくせしっかり釣ろうとすれば高度なテクニックを要求してきます。さらに彼らの模様や表情には、エゾイワナ、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギと一般的に分けられている4亜種の枠には収まりきれない、「多様すぎる」といえるほどのバリエーションがあります。今号では全国のフライフィッシャーに呼びかけ、膨大なイワナの写真をご提供いただいた「岩魚曼荼羅」をはじめ、佐藤成史さんによる解説、エキスパートに聞くイワナ釣りのコツや魅力など、「イワナさん、日本にいてくれてありがとう!」と思える企画を詰め込みました。


2023/6/1

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING