LOGIN
GOOSE FACTOR

イワナ釣りのコツ|浅妻勝さんの解説

「イワナ釣りのコツ、教えてください」と様々な地域に住んでいる名手たちに聞いた。ここでは浅妻勝さんの解説を掲載します

文と写真=浅妻勝
Profile 浅妻勝(あさづま・まさる)

1962 年生まれ。新潟県在住。フライ歴30 年

 

点を釣る

flyfisher photo

浅妻さんのパイロットフライ。そのほかのパターンもハックルは厚めに巻かれていた

 

イワナ釣りで最も気をつけていることはもちろんナチュラルドリフトだが、ほかには「イワナは点を釣る」と「イワナをまず探す」ということを心掛けている。これはフライを始めたころに先生から教わったことだ

「点」に関しては、最初に聞いたとき、フライは流れをドリフトさせるのだから線の釣りだろうと思ったが、実際に見せてもらうと確かにそのとおりだと痛感した。点というのはいわゆるイワナが定位している地点、もしくは捕食する地点で、そこヘフライをドリフトさせればイワナがヒットするわけだが、その範囲が正に「点」なのだ。思ったよりも相当狭いと感じたことを覚えている。しかも代表的なところは巻き返しの終わりや肩、カガミの終わりなどどれをとってもドリフトが難しい所ばかりである。

 

 

巻き返し

点でいえば巻き返しの最後なのだがイワナは巻き返しの終わりに定位しているのではなく終わった先の流れの下に定位していることも多い。したがって巻き返しの最後まで流さないとヒットしないケースが多々あるのだ。その巻き返しが流れに入る瞬間が正に「点」である。

それも流れの幅が決して広くはなく岸スレスレのことが多い。岸から5cm以内くらいだろうか。

その「点」へ向かってナチュラルドリフトさせなければならないので、リーダー・ティペットの落とす位置と自分のドリフト技術を把握して、決して長いドリフトはしないように心掛けている。メンディングも必要に合わせ駆使しないといけない。

ただ、巻き返しは最後ばかりにイワナが定位しているとは限らないので、巻き始め、途中の壁際も同様に流す距離を区切って釣っている。

 

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher 2023年 Early Summer

【特集】イワナ、という宝

イワナ。日本でもっとも人気のあるターゲットのひとつであることはいうまでもありません。この愛すべき魚は、思いのほかさまざまな渓流に生息しており、おおらかなようでいて、そのくせしっかり釣ろうとすれば高度なテクニックを要求してきます。さらに彼らの模様や表情には、エゾイワナ、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギと一般的に分けられている4亜種の枠には収まりきれない、「多様すぎる」といえるほどのバリエーションがあります。今号では全国のフライフィッシャーに呼びかけ、膨大なイワナの写真をご提供いただいた「岩魚曼荼羅」をはじめ、佐藤成史さんによる解説、エキスパートに聞くイワナ釣りのコツや魅力など、「イワナさん、日本にいてくれてありがとう!」と思える企画を詰め込みました。


2023/5/18

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING